長野県が公用車として保有する高級車「センチュリー」が売却されることになりました。使用頻度が少ないのが理由です。

県が売却するのは20年前、1134万円で購入したトヨタ・「センチュリー」です。知事公用車として導入しましたが、田中康夫知事(当時)は「高級すぎる」として乗らず、部局長の共用車として使われてきました。

ただ部局長も広くて打ち合わせもできるミニバンタイプに乗ることが多く、走行距離は20年たっても6万キロ程度。来月、車検を迎えることもあり、来年1月にインターネットオークションで売却することにしています。

自身もミニバンタイプ(トヨタ・アルファード)を公用車としている阿部守一知事は・・・。

長野県・阿部守一知事:

「これからは実用性、機能性が重要ですし、センチュリーの使用頻度は低い状況なので売却したい。できるだけ高い価格で売れることを期待している」

高級な公用車を巡っては、兵庫県などで多額の費用が疑問視され論議を呼んでいます。

長野放送
長野放送
記事 671