お正月に“一気読み”したい! シリーズ本「大人買い」Amazonセレクション

カテゴリ:国内

  • お正月休みにじっくり読みたい!シリーズ本おすすめランキング
  • ハリー・ポッターから三国志までジャンル色々 
  • 漫画シリーズ本のおすすめ1位は“エヴァ”

最近、読書してますか?

今年10月に皇后さまが「退位後に読みたい」と語られた、イギリスの探偵小説『ジーヴス』シリーズが話題沸騰。出版社に注文が殺到するなど、盛り上がりを見せた。

しかし、本を買って部屋に積んでおくだけで読まないことをさす「積ん読(つんどく)」という言葉もあるように、気になる本や漫画があっても、なかなかじっくり読む時間が作れないのも事実だろう。

今回は、シリーズ本を大人買いして、お正月休みに“一気読み”したいと思ってる人のために、ネット通販大手・Amazonおすすめランキングから紹介したい。(12月26日現在のランキング)

ファンタジーから歴史小説まで

文学作品のシリーズ本おすすめ1位は『ハリー・ポッター文庫全19巻セット』J.K.ローリング 松岡 佑子(訳)、静山社(税込13,975円)。

魔法魔術学校を舞台に繰り広げられる、まさに“夢と冒険”のファンタジー小説。
2016年に出版された続編の第8巻で完結となるが、このセットは本編の7巻分をまとめたもの。「映画しか見たことない!」という方は今がチャンスかもしれない。

2位は『銀河英雄伝説全15巻BOXセット』田中芳樹、東京創元社(税込12,614円)。

イラスト入りの特製文庫ボックスも魅力的な、「日本SF史の金字塔」と名高い『銀河英雄伝説』。
「30年以上前の作品とは思えない」「夜更かしして読みました」と熱いレビューも届いており、集中して読みたい作品だ。

3位は『文庫版三国志完結記念セット 全14巻』北方 謙三、角川春樹事務所(税込8,634円)。

1996年から1998年にかけて刊行された、人気歴史小説の文庫セット。
ボリュームのある作品だが、「普段本を読まない人にもおすすめ」「あっという間に読んでしまった」などのレビューが寄せられている。

4位『太宰治全集 全10巻セット』太宰治、筑摩書房(税込10,530円)

5位『夏目漱石作品集』夏目漱石、岩波書店(税込19,246円)

4位・5位の作品集は、「教科書で読んだあの話」を探すのにもぴったり。
『走れメロス』や『坊ちゃん』など、読み返したい名作がたっぷり楽しめる。

漫画シリーズおすすめ1位は“エヴァ”

漫画シリーズのおすすめ1位は『新世紀エヴァンゲリオン コミック 全14巻完結セット』貞本 義行、KADOKAWA/角川書店(税込8,770円)。

2015年の世界を舞台に、汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちの戦いを描いたSF作品。
原作のアニメは1995年からの放送のため、懐かしい!と感じる人も多いだろうが、今もリメイク作品が次々発表されるなど、色あせない人気作品だ。

2位は『真月譚月姫 全10巻 完結コミックセット』佐々木少年、アスキー・メディアワークス(税込6,448円)。

同人ゲーム『月姫』を原作とする漫画作品。
ファンからの熱烈な支持を受けている人気作品だが、こちらの漫画版は「密度がすごい!」「一気読みしてしまう」とのレビューが。

3位は『GUNSLINGER GIRL ガンスリンガーガール コミック 全15巻完結セット』相田 裕、メディアワークス(税込6,448円)。

イタリアを舞台にした、「身体を改造した少女の殺し屋」を使う対テロ機関と、テロ組織との戦いを描いた作品。
2012年の文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞した作品でもあり、「長編映画を見たような満足感」「世界観が魅力」と根強い人気がうかがえるレビューがついている。

ファンタジー作品から歴史小説まで、色々なジャンルが揃った「シリーズ本」おすすめランキング。
気になった作品はぜひ“大人買い”してみてはいかがだろうか?

ちなみに、話題となった『ジーヴス』シリーズはAmazonではセット購入できないが、1冊ずつじっくりと集めるのも楽しいだろう。
比類なきジーヴス(ウッドハウス・コレクション)』P.G. ウッドハウス 森村 たまき(訳)、国書刊行会 (税込2,160円)