家事、育児、そして仕事、と世の中のママやパパはめまぐるしい日々を過ごしている。朝の準備、出かける支度、食事中も思うように子どもが動かないと、「早くしなさい!」「準備しなさい!」と口から出てしまうときもあるだろう。

根本には「自分でできる子になってほしい」という思いもあるかもしれない。しかし、「しなさい」は逆効果なのだ。

ボーク重子さん
この記事の画像(10枚)

現代社会で必要とされる自己肯定感や自制心、好奇心など非認知能力を育みながら、「自分でできる子」が育つメソッドについて記した『しなさいと言わない子育て 普段の育児のままで子どもが変わる小さなしかけ』(サンマーク出版)の著者・ボーク重子さんに、 “自発的に行動できる子”の子育てについて聞いた。

 「しなさい!」と言ってしまうのは自分にも言っているから

子育ての中で、つい「しなさい!」と尻をたたくような発言をしてしまうことがあるだろう。だが、「しなさい」と言った瞬間にやらなくなる。

これは「心理的リアクタンス」と言われる心理反応で、「しなさい」と言われると自分の行動や思考に制限をかけられたと感じて反発してしまうのだという。

「宿題をやりなさい」と親から言われた途端にやる気をなくすのがまさにそれ。「やりなさい」と命令することは、子どもに“やらせている”ことになり、やりたいことを自分で決める楽しさや、それができる自信を奪うことになる。

ボークさんいわく、「『しなさい』と言った瞬間に、やってみたいという好奇心や自らやろうと思う主体性、そして『できる』と思える自己効力感などの非認知能力を育む環境を奪っている」。だからこそ、頭に入れておきたのは言い換えること。

例えば、朝の準備ができていない子に対して、「早く準備しなさい」ではなく、「一緒にやってみよう」「かばんに荷物を入れてみよう」など提案型に言い換えてみる。大切なのは、命令するのではなく、行動に対する意思決定や選択を子どもに与えること。

「しなさい」と言わないことが、自分でできる子への第一歩なのだ。

しかし、「しなさい」という言葉は瞬発的に出がち。だからこそ、ボークさんは親のマインドチェンジが必要だと言う。

「子育てはとっさの連続です。言い換えることも冷静な時は、言葉のレパートリーが出てくるでしょう。しかし、出てこないのは“とっさ”だから。“とっさ”のときに出る言葉は、いつも自分に言っている言葉。

自分に対して『これできてない、やらなきゃ』などできていないことやダメなところにばかり目を向けて、“しなさい”と課しているため、他者にも求めてしまう。親が自分にそう声かけしているんです。自分へ向ける言葉を“今日はあれができた”などポジティブな方向に変えるだけで、とっさの声かけも変わってきます」

また、私たち自身が「こうしなさい、ああしなさい」という親からの命令と指示で育ってきたということも「しなさい」という声かけになる理由の一つでしょう。子どもの非認知能力を育むためには私たちの世代で命令・指示という声かけを止めることが大切。

同じように「ダメ!」という言葉も、反射的に出がち。しかし、命や健康を脅かしたり、社会のルールに反していることではない限り、真っ正面から否定しないこと。大人も「ダメ!」と突然言われたら、驚き、納得できないはずだ。

瞬発的に「ダメ!」と言葉が出ても、必ず「なぜダメなのか」を論理的に説明することが大切だという。

親は「聞き役」に回ることが大切

子どもとのコミュニケーションで、親は子どもの話を聞いているようで、無意識に話していることも多いはずだ。親は8割聞いて、2割話すこと。つまり「聞き役」の姿勢でいてほしいとボークさんは言う。

人は話すことで自分の気持ちや考えを確かめる。会話の途中で遮ったり否定・批判・非難したりすると、子どもの自己肯定感の低下にもつながってしまう。たとえ、話していることが間違っていても、まずはしっかりと話を聞いて肯定し、受け止めることが大切なのだ。

(画像:イメージ)

否定せずに「どうしてそう思うの?」などと理由を聞いたりすることがベスト。もし、言葉に詰まってなかなか話し出せなくても、じっと待つこと。もしくは、助け舟として子どもが話し出せそうな「質問」を投げかけてみてもいい。

子どもとのコミュニケーションにおいて、自由に表現できる環境をつくり、子どもが「聞いてもらえた!」と思う気持ちを持てることが大事だという。

「聞き役」に徹しながらも子どもとの会話で心掛けたいのが質問すること。人は質問されることで初めて考え、意見を持つ。その機会をつくるためには、親の「質問」がカギとなる。

例えば、幼稚園から帰宅後、「幼稚園で何したの?」と聞いても、答えられなかったり、「わからない」とはぐらかされてしまうことがある。これは質問の趣旨が明確ではなく、カバーしている範囲が広すぎて何を聞かれているのかわからないからだという。

『しなさいと言わない子育て 普段の育児のままで子どもが変わる小さなしかけ』(サンマーク出版)より

子どもとの会話では、まず「はい」と「いいえ」で答えられる質問(クローズドクエスチョン)から始め、自由回答できる質問(オープンクエスチョン)へステップアップする。この2ステップの質問方法を押さえておきたい。

先の例から「幼稚園で何したの?」と曖昧な問いではなく、「はい・いいえ」で答えやすい「幼稚園楽しかった?」とクローズドクエスチョンで聞いてみる。次に、「何をして遊ぶのが楽しかった?」や「誰と遊んだの?」などとオープンクエスチョンで深掘りしていく。

質問がカギといえども、まずは難しく考えず、「子どもに興味を持つことが大事」だとボークさんは話す。

「親は意外と子どもへの興味より、“親の言うことを聞く良い子に育てよう”“迷惑をかけないような子になってほしい”など親の考えや世間体が頭の中にあります。それでは“親にとっての良い子”や“世間体の良い子”というフィルター越しに子どもを見ることになり、子どもにフォーカスできていないので、『こうしなさい』『ああしなさい』とやって欲しいことは出てきても、聞きたいことは出てこない。

でもその子を一つの個性として認め、その子をその子らしく育てようと思うと『この子は何が好き?』『何を考えている?』など、その子らしさを知りたくてどんどん興味が湧いてきて自然に質問が浮かんできます」

「余白」が子どものパッションを見つける機会になる

子どもには、いろいろな経験やチャンスも与えたい。それらと巡り会う機会の一つが習い事。

ただ、ボークさんはプログラムしすぎない(詰め込みすぎない)、余白のある環境こそが親も子どももハッピーになれると強調する。

大人でもあれもこれもと1日の中でさまざまなタスクをこなすのは疲れてしまう。子どもなら、なおさらだ。

「大人も毎日must(やらなきゃいけないこと)とshould(やるべきこと)であふれています。たくさんのmustとshouldをこなしている時にやりたいことって考えられますか?何も考えられませんよね。子どもも同じです。

特に子どもは親に愛されたい思いがあるため、そんな日常でも親の喜ぶ顔が見たくてますますうまくこなそうと時間と労力を費やします。そうして自分がやりたことなど考えられなくなる。それでは遅かれ早かれ自分を見失ってしまいます。そうならないためには、余裕・余白が必要なのです」

そこで大切なのは時間的な余裕を作ること。「習い事は2つまで」とボークさんのメソッドにあるように、習い事を“子ども視点”で厳選。親の都合で決めるのではなく、子どもが笑顔で取り組めるかが習い事を決める上で大切だという。

『しなさいと言わない子育て 普段の育児のままで子どもが変わる小さなしかけ』(サンマーク出版)

子どもは自分の好きにチャレンジすることで好奇心や主体性を育める。しかし、プログラムされすぎた日常は与えられたことをこなす毎日になってしまう。親も家事や仕事に加えて、習い事の送り迎えで疲弊してしまうだろう。大人にも心の余白があることが大事なのだ。

そこでやりたいのが「1日30分の空想タイム」。「今日は何をしようかな」と子ども自身が考えて、やりたいことを実践する。指示されなくても主体的にやる、こうした積み重ねが、自分のパッションを見つけることにもなる。

「遊びって大切なんです。大人も遊びがないとつまらなくなりますよね。私もたくさん遊んでいます!何でもいいのです。毎日何かの楽しみを見つけることは大人も子どもも大切です」

空想タイムではアクティブなものにとどまらず、寝ていても、ぼーっとしていることでもいい。ぼーっとしているように見えて、頭の中で自分自身と向き合っているかもしれないからだ。心掛けておきたいのが、子どもが主体的にやっていることを親は見守って、観察すること。決して口を出してはいけない。

「ぜひ、親御さんは観察ノートをつけてください。子どもが主体的にやったこと、言われなくてもやることはどんなことなのか。いずれ、パターンが出てくると思います。その中で、子どもが好きそうなことの機会を増やしてあげましょう」

親は子どもを信じて「見守る」こと

子どもが好きなことや何かにチャレンジしているとき、日常生活でも親は「見守る」姿勢を忘れてはいけない。年齢によって見守り具合は異なるが、あまりにも見守らなすぎるのは「放置」、見守りすぎるのは「監視」になる。

(画像:イメージ)

ちょうど良い「見守り」とはどんなものなのだろうか。

「子どもに『ここにいるよ!』と安心を与えられる距離感です。例えば、在宅勤務中に、子どもに『できるから大丈夫』と声かけしただけで、仕事に集中してしまうのは放置です。仕事をしながら、『ここにいるよ』と安心させる一つの方法としては、同じテーブルで作業したりするのがいいかもしれません」

見守りのベースは「子どもを信じること」だとボークさん。

大人でも、例えば夫が家事の過程をじっと見て、「野菜の切り方がおかしい」「洗濯のやり方が変」などと言われたらイヤなはずだ。そして、それは見守りではなく監視になる。

「いつかできるようになるよ、が大切です。その子を信じること」を親は意識してほしいという。親は子どもの“できる力”を信じて、自分でできる訓練の機会を増やす。それが、「自分でできる子」につながるのだという。

自分でできる子になるために大切なこと

自分でできる子になるために大切なのは4つ。「心の余裕・余白」「信頼」「見守る」「やり方を見せる」。

最後の「やり方を見せる」は、教えることと少し違う。子どもは何も知らないから「教えてあげる」のではない。ただ、やり方を知らないだけ。

子どもができないからやってあげたり、教えてあげたりするのではなく、やり方を見せてあげる。それが、やり方を自ら学ぶチャンスになり、「自分はできる」という自己効力感も養い「自分でできる子」のベースになる。

「非認知能力を育む上で、親ができる基本が『やり方を見せること』。そして、生き方を見せるんです。朝の支度もやりなさい!と命令するのではなく、やり方を共有する。問題解決の過程を見せることで、子どももやり方を学んでいきます。

学んだやり方を、どのように工夫して実践するかは子ども次第です。決して、同じやり方を強制してはいけません。教えた瞬間に子どもの中で“言われたから”になります。ですが、自分でやり方を見つけるとその影響はすごく大きく、次第に自分でやるようになるんです」

大切なのは、親が見せたことを、子どもがすぐに実行、理解するとは限らないという心持ちでいること。できるようになるまで、または見習うまで数週間後、数カ月後、数年後になることもあるのだ。

ボークさん自身も、子どもの頃に何気なく見ていた夢を追う母親の姿が、20年後に自身の身と重なったときに初めて、母親が見せてくれていた“生き方”を理解し、見習おうと思い、自分の生きる力になったという。

最後に、子育ては正解もなく、不安なことの連続で、「同じ年齢の子ができているのに、うちの子はできない」などと比較して焦ってしまうこともあるだろう。

そんな時は、「だから、何?」と自分に問いかけてほしいとボークさんは言う。

「比較は負けです。自分の子より上の子は世界のどこかにはいるので、必ず負けます。どんなに今いる場所で一番だとしても。本能で比較はやめられないかもしれません。だからこそ、自分で比較を“するか・しないか”を選びましょう。

もし、比較してしまっても、『そういう子もいるよね、でも私にとってはうちの子が一番、最高だから』と思う方が心の健康を保てますよね。何ができるとか、持ってるわけではないけど、私にとっては『うちの娘・スカイが世界最高』。だから、比較しませんし、比較したとしてもうちはうち、よそはよそを徹底しています」

誰もがみな子どものことを思い、「自分でできる子」に育ってほしいと願い、日々育児に奮闘しているだろう。これまでの子育てを変えるのではなく、少しだけマインドを変えることで違う景色が見えてくるかもしれない。

『しなさいと言わない子育て 普段の育児のままで子どもが変わる小さなしかけ』(サンマーク出版)

ボーク重子
Shigeko Bork BYBS Coaching LLC代表。ICF(国際コーチング連盟)会員ライフコーチ、アートコンサルタント。ワシントンDCで非認知能力育児に出会い、研究・調査・実践を重ね、自身の育児に活用。娘・スカイが18歳のときに「全米最優秀女子高生The Distinguished Young Women of America」に選ばれる。2006年アートを通じての社会貢献が評価され「ワシントンの美しい25人」に選ばれた。現在は、セカンドライフをライフコーチとして、全米・日本各地で子育てやママに向けたコーチングを展開中。著書に『世界最高の子育て「全米最優秀女子高生」を育てた教育法』(ダイヤモンド社)『「非認知能力」の育て方 心の強い幸せな子になる0~10歳の子育て家庭教育』(小学館)など多数

記事 4289 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。