東京都の小池知事が、新型コロナワクチンの追加接種など政府の対応の遅さに、いらだちをあらわにした。

外国特派員協会で、8日午後、オンライン形式で講演した小池知事。記者から、ワクチンの追加接種や飲み薬をめぐる政府の対応について質問されると、「モメンタムが少しズレているということが、今の感染の拡大に間に合っていないと言うことだと思いますが」「オミクロンと言うのはスピードが感染力が強い、早い、それだけにスピード感の違いが、非常に現場からしてストレスフルなところがあります」などと述べて、いらだちを露わにした。

また、小池知事は、2021年の年末に、3回目の追加接種を、できるだけ早く始めるよう政府に求めたところ、「それはいかん。みんな足並みを揃えていくんだ」などと言われたことも明らかにした。

社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 808