デジタルなものづくりが楽しめるカフェ「Hisaya-odori Park」

この記事の画像(7枚)

名古屋市中区の久屋大通公園が再開発を終え、「Hisaya-odori Park」の愛称で9月18日オープンした。飲食店やアパレルショップなど35店舗ほどが出展するが、クリエイティブな発想が掻き立てられるカフェが登場した。

南北約1キロにわたる公園は4ブロックに分けられている。一番北側のゾーンにできた「FabCafe Nagoya」は、名古屋にはこれまでになかった新しいカフェだ。

店舗は長く広いスペース、上部には岐阜県飛騨地方の広葉樹が張り巡らされていて、木の温もりを感じる。

ドリンクは農薬を使わずに栽培したカモミールティーや、空気圧で抽出するエアロプレスコーヒー。ジンジャーエールやコーラなどのソフトドリンクに、ハイボールなどのアルコールも扱っている。

食事はサラダ、ロコモコ、キッシュのほか、名古屋名物「小倉トースト」、マッシュポテトを使った「八丁味噌トースト」、そして「柴漬けトースト」と変わったメニューもある。

そして、このカフェで体験できるのは、レーザーカッターやUVプリンターを使った「デジタルな」ものづくり。

UVプリンターを使えば、自分のお気に入りの写真をオシャレな小物に作ることもできる。

頭の中で想像していたモノがカタチにできる場所だ。

(東海テレビ)