新型コロナウイルスの影響が広がる中、人と接触せずに買い物したいとき便利なのが自動販売機。最近は色々なものが販売されている。そこで、広島県内で見つけたちょっと珍しい最新の自動販売機を紹介する。

うっかり忘れても大丈夫! おむつ自動販売機

広島県庄原市にある「道の駅たかの」には、子育て中の方にうれしい24時間利用できる紙おむつの自動販売機がある。
ドリンクの自動販売機の中に、紙おむつとおしりふきを一緒に販売している。

早速、購入してみると…

前田典郎記者:
出てきました。こんな形で出てくるんですね。ホットかコールドか気になるところですが…これは常温です

紙おむつ2枚と袋がセットになっている。

道の駅たかの・宮口佳祐さん:
子育て世代のお客さま、たくさんご来店いただいているんですが、途中でおむつがなくなってしまった場合とか忘れてしまった場合にも安心してお立ち寄りいただけるように、今回紙おむつ自販機を導入することにしました

おむつの自動販売機は国土交通省が「道の駅」などで進めている子育て支援策の一環。
中国地方では初めて2020年4月に設置した。

ーーどれぐらい利用がありますか?

道の駅たかの・宮口佳祐さん:
そんなに多くないんです。月に10個弱ぐらいですね

ーーでも買われる方がいらしゃるってことですね?

道の駅たかの・宮口佳祐さん:
そうですね。需要はあると思います。2個入りで非常にコンパクトになっていますので、おむつのパックを買う必要がありませんので荷物が増えないのがメリットです

日本とパリにしかない貴重な自動販売機

続いては広島市西区にある大型商業施設「LECT」にある自動販売機。

前田典郎記者:
こちらネイルサロンです。その隣を見ますと自動販売機。これ、マニキュアを販売しているんです

7月、お目見えしたマニキュアなどネイル用品の自動販売機。

イツカキットデザイン・舩木いつか代表:
まずこちらで色を選んでいただきます。このように指を合わせてもらうと色がイメージできるようになっていまして、その番号を押します

フランス・パリのブランド「ネイルマティック」の50種類から商品を選ぶことができる。お湯で流せる子ども用のマニキュアもある。

イツカキットデザイン・舩木いつか代表:
初めての体験を通して、ちょっとネイルをやってみたいと思われたり、子どもたちもネイルに出合うきっかけになったらいい

パリとここだけにある貴重な自動販売機だった。

いつでも釣りに行くことができる

尾道市の因島には、島ならではのものが。

前田典郎記者:
因島のコンビニに設置してある自動販売機、ちょっとおもしろいんです。こちらです。生き餌と書いてます。これ実は釣りの餌を販売しているんです

ルアーなどの釣り道具と一緒に、ホンムシやアオムシなど4種類の生き餌を販売している。

前田典郎記者:
アオムシいってみます。出てきました。透明ケースに入っています。しっかり生きてますね

設置しているのは釣具店の「釣中」。

釣中・中島浩社長:
24時間いつでも好きなときに買えるんで、お店が閉まっていても、自動販売機で餌が買えるとか、道具が買えるという形を取っています

誰もが気軽に釣りを楽しめるように、便利な立地にあるコンビニに自動販売機の設置を考えついたそう。

釣中・中島浩社長:
中はジュースの自動販売機と同じような感じなんです

鮮度を保つように適温で冷蔵している。

釣中・中島浩社長:
気軽にジュース感覚で買えるような

現在、因島と瀬戸田に合わせて3台設置。商品の補充が間に合わないほどの人気だそう。

釣中・中島浩社長:
島自身がこの餌があることによって、「いつでも釣りに行けるよ」「あそこに行ったら買えるよ」ということになって活性化してほしい起爆剤になればいい

卵が大人気 学校内にコンビニ自動販売機

最後は広島県立瀬戸内高校にあるセブン-イレブンの自動販売機。
おむすびや総菜、デザートなどセブンイレブンで販売している商品を買うことができる。県内では学校や工場に10台が設置してあるそう。

広島県瀬戸内高校・櫨木崇教頭:
近くにセブンイレブンの店舗があるが人気があって、よく休みのときや放課後に使わせていただくので、それだったら校内に自販機を入れてもらおうかと

昼休みになると、続々と生徒がやって来る。

ーー人気の商品は?

生徒:
ゆで卵。学校の中にセブンで買える商品があって、すごいうれしいし魅力的。

ーーよく使う?また、どんなものよく買う?

生徒:
使います。卵です。

生徒:
しろもちたい焼き。食後のデザートです

生徒:
昼ご飯とか小腹がすいたときに

ますます便利になる自動販売機。
次は一体どんなものが登場すのだろうか。

(テレビ新広島)