日韓共に「残念だ」だけ?

先週このコラムで「韓国とまともな会話はできない」と書いたが、やはりその通りになった。

岩屋防衛相が、韓国の国防相と、週末に会談した。
会談前から、海上自衛隊の旭日旗の問題について、ビシッと言ってなかったので、嫌な予感がしていたのだが、案の定グズグズだった。

報道によると岩屋氏は韓国の理不尽な要請に対しても、それから韓国政府自身が自らの要請に反する旗を掲揚し、さらに日本以外の国には順守を求めなかったことに対しても、「残念だ」と遺憾の意を示したという。

これに対して韓国国防相は、日本の不参加が残念、とこちらも遺憾の意を表明した一方で、「未来志向的な友好を進めたい」と言ったらしい。

こんな会談ドタキャンすべきだ

なんだそりゃ?
話が全くかみ合ってない。
そもそも抗議になってない。

未来志向?
ふざけてるのか?
しかも未来志向という言葉は岩屋氏も使ったらしい。
どうなってるんだ?

岩屋さん、なぜこの会談をドタキャンしなかったんですか!
向こうが謝るという確証がない限り行くべきではない。
なぜなら、これは先週と同じ表現で恐縮だが、「マヌケに見える」からである。

しかも産経新聞によると、岩屋氏が「残念だ」と言うと、韓国国防相は「日本側の皆さんは表情が硬い。少し笑って頂きたい」と言ったというのだ。
岩屋さん、及び日本政府の皆さん、なぜその時怒って席を立たなかったのですか?

“礼儀正しい”外交はなめられる

よく日本の外交官が、「外交とは握手しながらテーブルの下で蹴りあうんですよ」などと言う。
表面上は礼儀正しくても、舞台裏では国益のためにしのぎを削る、ということだ。

ただ、日本は礼儀正しすぎる。
真面目で優秀で品が良くてお金持ちだけど、腕力ないし口げんかもしない。
小学生の頃にもそういう子いたけど、怖くないんです。そういう子は。なめられるんです。

2012年、当時の玄葉外相のモスクワ訪問の直前に、メドベージェフ首相が国後島を訪問した。
しかし玄葉氏は予定通り訪露し、プーチン大統領に秋田犬をプレゼントした。

この時のロシア専門家の袴田茂樹さんの分析が的確だった。
袴田氏曰く、これで日本が領土問題に真剣でない、と見た韓国の李明博大統領は、直後に竹島を訪問したし、翌月、中国は日本の尖閣国有化に対し、主権問題だと大騒ぎした。

日本が領土問題で真剣な対応をしないと、他の外交にも影響が及ぶ、というのだ。
つまり、なめられる、ということだ。

大人げない外交を!

泥棒に説教しても無駄である。
それどころか泥棒にお土産まで渡すのが日本外交だ。
それが大人の対応だというなら、そんなものはやめた方がいい。

時には大人げない振る舞いも必要。
トランプ、習近平、プーチン、周りは大人げない奴ばっかりなのに、一人だけ大人の対応していても、外交という喧嘩には勝てないんじゃないかな。

(執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫)

「平井文夫の言わねばならぬ」すべてを見る