東京都立大学で男性が首を切り付けられた事件で、切り付けられたのは社会学者で大学教授の宮台真司さんであることが分かりました。

きょう午後4時半前、東京・八王子市の東京都立大の南大沢キャンパスで、「男性が顔を切られた」と目撃者の男性から110番通報がありました。

切りつけられたのは東京都立大教授の宮台真司さんで、キャンパス内の路上にいたところを待ち伏せしていたとみられる男に刃物のようなもので首を切られ、病院に搬送されましたが命に別条はないということです。

宮台さんは東京都立大学・人文社会学部の教授で、サブカルチャーや日本近代化、戦前、戦後の思想など幅広い研究を行う論客として知られています。

男は現在も逃走していて、警視庁が行方を追っています。

警察による現場検証が行われていた
警察による現場検証が行われていた
この記事の画像(5枚)
記事 1246 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。