SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けしたとして、さいたま市に住む野崎祐也被告(28)が逮捕・起訴された。野崎被告は、アカウントを使い分け、自殺願望のある複数の女性とやりとりをしていたという。

ピースサインの男と自殺願望の少女

警察署の壁に手をつきながら警察車両に向かう野崎祐也被告(10月19日)
警察署の壁に手をつきながら警察車両に向かう野崎祐也被告(10月19日)
この記事の画像(12枚)

先月19日、横浜地検に身柄を送られる野崎被告。髪の毛に覆われ、その顔ははっきりとは見えなかったが、壁に手をついて、ゆっくりと階段を降りていく様子が印象的だった。

一方で、自身のSNSには、ピースサインの写真をアップする野崎被告。本当にこの男が、”自殺ほう助”事件を起こしたのだろうか。

野崎被告と、横浜市に住む中学生の少女が知り合ったのは、去年のこと。少女は、自分のSNSに、自殺願望をほのめかす投稿をしていた。それに目をつけた野崎被告は、少女に接触。その後、1年ほどの間、SNSを通じてやりとりを続けていたという。

自分のSNSでは、ピースサインを見せる野崎被告
自分のSNSでは、ピースサインを見せる野崎被告

およそ1年後 事態が急変

野崎被告は、少女を車で、”自殺場所”まで連れて行ったという。
野崎被告は、少女を車で、”自殺場所”まで連れて行ったという。

ところが、今年9月20日、事態が急変した。野崎被告と少女は、都内で落ち合い、JR東浦和駅まで電車で移動。駅から野崎被告の自宅まで、2人は徒歩で向かったという。それから3日間に渡って、2人は、野崎被告の自宅に滞在したという。

23日になり、野崎被告は、少女を車に乗せて、”自殺場所”となる、神奈川・相模原市内の某所に連れて行ったという。少女の家族は、野崎被告と落ち合ったその日に、行方不明者届を提出している。

神奈川県警は、捜査一課を投入し、防犯カメラの映像解析などから、野崎被告を突き止めた。9月27日、未成年者誘拐の疑いで逮捕したが、その2日後、少女は、川の中で、遺体となって見つかった。

印象は「明るい」「おしゃべり」

中学時代の野崎被告
中学時代の野崎被告

野崎被告は、10月17日、自殺幇助の疑いで再逮捕された(その後、起訴)。捜査段階では、「スマホで自殺する場所を探し、少女に提案していた」と話していた野崎被告。”自殺ほう助”の意図が、この供述からも、うかがうことができる。

一方、取り調べでは、「SNSのいくつかのアカウントを使い分けて、そのうち複数のアカウントを停止させられたことがある」と明らかにしていたという。アカウントを使い分けて、自殺願望のある女性を探していたのか・・・。いったい、野崎被告とは、どんな人物だったのか。

取材に対して、中学時代の同級生は、「SNSをすごく使ってるタイプで女の子と絡みたがっていた」「明るいって言いますか、授業中以外は、もうずっとしゃべっていたり遊んでいたり」と野崎被告の当時の様子を振り返っていた。

取材に応じる中学時代の同級生。野崎被告の印象は「社交的」というものだった。
取材に応じる中学時代の同級生。野崎被告の印象は「社交的」というものだった。

事件の動機は法廷へ

野崎被告の印象については、一様に「社交的」だったと語る同級生たち。だからなのか、事件について知ると、驚きを隠せない様子だった。冒頭のピースサインを見せる男の”裏の顔”は何だったのか。

捜査員に対して、野崎被告は、「SNSで自殺願望をほのめかす複数の女性とやりとりをしていた」とも打ち明けていたそうだ。その詳しい動機や事件の経緯は、今後の裁判で明らかにされることになる。

高校時代の野崎被告(卒業アルバムより)
高校時代の野崎被告(卒業アルバムより)

悩みや不安を抱えて困っている時には、電話やSNSで相談する方法があります。「こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)」やLINE「生きづらびっと」など複数の窓口があり、厚生労働省のウェブサイトにも案内があります。1人で抱え込まず相談してください。

(フジテレビ社会部・神奈川県警担当 魚住菫)

記事 1239 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。

記事 4 魚住菫

1990年福岡県直方市生まれ。警視庁捜査一課担当を経て神奈川県警担当に着任。好きなものはお酒ととんこつラーメン、ごまさば。ホームシックと闘いながら日々奮闘しています!