父を早くに亡くし5代目となった21歳。形見のハサミを手にこのほど、目標にしていた理容師の全国大会に出場。結果を墓前に報告した。以前、紹介した老舗理容店を継いだ若者の「その後」です。

老舗店を継いだ21歳理容師

10月18日、夕方―

髪工房オガタ 5代目・尾形烈弥さん:
きょうの朝8時くらいに秋田出て、今さっき着いたばかり

長野県安曇野市の理容師・尾形烈弥さん(21)。トロフィーを持って向かったのは…先祖代々の墓。

この記事の画像(13枚)

秋田で開催された「全国大会」の翌日、真っ先に結果を報告したのは墓に眠る父だった。

―9月取材―

烈弥さんは「髪工房オガタ」の5代目。使っているハサミは烈弥さんにとって特別なものだ。

髪工房オガタ 5代目・尾形烈弥さん
髪工房オガタ 5代目・尾形烈弥さん

5代目・尾形烈弥さん:
形見のハサミを使って、亡くなってしまった父と一緒に仕事したり、大会に出ているようなものと

中学・高校と野球に打ちこんだ列弥さん。いつしかグローブ職人になることが将来の夢となっていた。父・淳介さんはそうした烈弥さんを見守ってきた。

5代目・尾形烈弥さん:
家族4人でグローブを買いに行ったのが最後だったので、野球関係の思い出も強いし、(父は)優しかった印象が強い

しかし、高校1年の冬、淳介さんは突如、この世を去った。(享年48)

母・利栄さん:
突然のことだったので、その時はこの家、どうなっちゃうんだろうという感じだったので

早すぎる父親の死と店のピンチ。戸惑いながらも烈弥さんは店を継ぐ決意をする。

5代目・尾形烈弥さん:
本当に急だったのでなかなか苦しいものもあったり、今でも受け入れられないところはあるけど…。でも親が亡くなってしまったので、それなら俺が継ぐしかないという思いから理容師に

全国大会を目指して練習を重ねた

高校卒業後、松本市の専門学校へ。初めは指を切ったり、丸刈りだったため、ドライヤーも使ったことがなかったりと苦労の連続だった。それでも帰宅後も練習を重ね、卒業時には「理事長賞」を贈られる腕前になっていた。

2022年4月から店に立ち、すっかり5代目の顔に。

祖父・仁さん(78):
(店は)私で終わりかなと思ったけど葬式の時に一言…お父さんと(店を継ぐ)約束してくれてありがたい

父・淳介さんの形見のハサミ
父・淳介さんの形見のハサミ

営業が終わった後も列弥さんは店に残り、「全国理容競技大会」に向けた練習を重ねてきた。良い成績を収めることが家族を、そして亡き父を安心させることにつながると考えていた。

営業終了後に練習を重ねてきた
営業終了後に練習を重ねてきた

5代目・尾形烈弥さん:
目指すとしたら優勝しかないので、このハサミを使いお父さんも大会に出てたので、少しでもその力を借りて全国大会頑張れたらと思います

練習は連日、深夜まで続いた…

形見のハサミを手に…見事、準優勝

迎えた本番。

10月17日、秋田県・全国理容競技大会―。

烈弥さんは23歳未満の若手がカットとスタイリングを競う部門に出場。

全国理容競技大会に出場した尾形烈弥さん
全国理容競技大会に出場した尾形烈弥さん

形見のハサミを手に力を出し切った。

結果は…

(アナウンス)
第2位は、長野県代表、尾形烈弥さん

母・利栄さん:
おめでとうー!

烈弥さんは準優勝。県勢の優勝はいまだなく、準優勝は昭和38年・1963年以来、実に59年ぶりだ。

準優勝・尾形烈弥さん(左)
準優勝・尾形烈弥さん(左)

5代目・尾形烈弥さん:
初めて表彰台立ててすごいうれしいけど、まだまだ課題点はあって、後悔する部分もあるのでそこを直していきたいな

家族の支えに感謝…さらに技を磨く

翌日、秋田から戻ると真っ先に烈弥さんは墓前に報告した。

5代目・尾形烈弥さん:
あと一歩届かなくてすごい悔しいけど、今度こそ日本一になって帰ってくると思いを伝えた

淳介さんが好きだった、たばこを供える…

5代目・尾形烈弥さん:
(父は)「十分だろう」と言いつつも「来年に向けてまた今から頑張ろう」と言ってくれると思うので、今度は優勝を持ってこられるようにやりたいな

店に戻ると3代目の祖父・仁さんに報告。

5代目・尾形烈弥さん:
せっかくだから(トロフィーを)持ってもらえば

祖父・仁さん(78):
いやーおめでとう、よかった。毎日練習したかいがあった

5代目・尾形烈弥さん:
またもう一回これ持ってくるで、頑張るわ

秋田で応援した母・利栄さんは…

母・利栄さん:
道具は主人のものだったり、(ハサミの)研ぎをおじいちゃんがやってくれたり、家族みんなで支えるところは支えあって、本人頑張っているので、とても輝いていました

老舗の5代目として店に立ち、競技会にも意欲をみせる烈弥さん。形見のハサミを手に腕を磨く日々が続く。

5代目・尾形烈弥さん:
親が力を貸してくれたおかげでここまでこられたので、また来年まで同じハサミを使って同じ道具で一緒に頑張りたいな

(長野放送)