ロシアのプーチン大統領は30日、ウクライナ東部ルハンスク州・ドネツク州と南部ザポリージャ州、ヘルソン州を併合することを宣言した。

プーチン大統領はクレムリンで演説し、ウクライナ東部・南部の4州の運命は「ロシアとともにある」と述べ、4州を併合する書面に署名するとして一方的な併合を宣言。

また、4州の住民について「永遠にロシア国民になる」と述べた。

プーチン大統領は、演説の後東部・南部の4州のトップと併合についての調印式を行った。引き続いてモスクワの「赤の広場」で開かれる祝賀イベントに出席する。

ウクライナのゼレンスキー大統領はロシアによる併合に強く反発していて、国家安全保障・国防会議を開き、対抗策など重要な決定を発表する方針。

またロシアによる一方的なウクライナ領土の併合に対し今後、国際社会からの反発が高まる見通し。