大阪府では、8月3日から若者向けのオンライン診療が始まった。発熱外来のひっ迫を防ぐのが狙いだ。
医師が遠隔で患者のコロナ陽性を診断したり、診察したりする様子を取材した。

ドクターズ 最高医療責任者 西山智哉医師:
こんにちは、医師の西山と申します。先ほどアップロードしてもらった抗原検査キットの結果を確認しました。線がそろってますので陽性という判定になります

この記事の画像(9枚)

発熱外来のひっ迫を受け、大阪府で20代から40代の軽症者を対象に始まった「オンライン診療」。
現場では、朝から対応に追われていた。

西山医師:
お薬の方はご希望なしとなってますけど、今 症状はいかがですかね?

患者:
先週の土曜日ごろ、2日ほど高熱が続いたけど、もう下がったので…

西山医師:
保健所に発生届を出させていただきますので、保健所からの連絡をお待ちくださいね

検査キットで陽性を確認した患者は、府のホームページを通じてオンラインで受診し、処方箋や薬も受け取ることができるという仕組みだ。

診療を受けた患者は… 

患者:
今、(発熱外来で)検査するのに2~3時間待つというので、こういうふうにオンラインでできるのはありがたい

(Q.予約はスムーズにとれた?)
大阪府のホームページを見て、オンライン診療というのがあったのでクリックして。スマホで見てたので文字が小さくて、どこをクリックしたらいいのか分からなかったですけど

一方、医師は事前に患者から情報を送ってもらっているので、診療時間も5分ほどと短く済み、スムーズだということだ。

西山医師:
昨日で300人弱お越しになって、(医師15人で)対応させていただいた。薬剤師さんもこの情報を見て、すぐに薬が出せるということで、問診から診察、カルテ作り、処方箋作り、薬の配送までスムーズにいくので、医師としてはやりやすいですね

大阪府から委託を受けるドクターズでは、今後は医師を35人に増やし、1日2000人のオンライン診療を目指したいとしている。

しかし、オンライン診療が進む一方で、「検査キット」が品切れ中の薬局も…

エスエス薬局 薬剤師 阪美保さん:
入ってきてもすぐに売れちゃうので、ない状態が続いてます

国は、症状のある患者が自宅でも検査できるよう、検査キットの無料配布を進めていて、大阪府では約130万回分を、薬局などを通して無料で配布する予定だ。 

(関西テレビ「報道ランナー」2022年8月4日放送)