気象庁は、きょう午後、共同取材に応じ、日本の南に熱帯低気圧があり、今後、台風に発達し、13日ごろ、東日本の太平洋側に、かなり接近する恐れがあることを明らかにした。また、台風接近に伴い、東海地方、関東甲信地方、伊豆諸島では、13日に、警報級の大雨や高波となる可能性があるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

取材に応じた、気象庁の森永裕幸天気相談所長は、「台風としては小ぶりだが、状況によっては、急発達や上陸することも考えられる。北上とともに、温かく湿った空気が流入し、場所によっては激しい雨になる恐れもある」などと話している。