「進研ゼミ小学講座」は9日、編集部と会員の小学生の投票により選ばれた「小学生の夏休み川柳2022」の優秀作品を発表した。

今年の特徴としては、各地で夏祭りが復活したことなどから、2021年と比べて「夏の風物詩」を描写する作品が多く集まったという。

『推し優勝 眺めるだけで 熱中症』

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供
この記事の画像(10枚)

『夏休み 昼夜そうめん もうええねん』

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供

『夏祭り 花火が照らす りんご飴』

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供

など、久しぶりの夏のイベントを楽しむ情景が浮かぶ作品が寄せられた。
またコロナ禍ならではの

『絵日記の ネタが切れるの 第6波』

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供

『オンライン オナラしたいな ミュートしよ』

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供

といった作品も。
また、夏休みが終わってしまう切なさを詠んだ

『最終日 めくりたくないカレンダー』(1659票)

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供

や、宿題をテーマとした

『宿題は タブレットなの マジラッキー』(1275票)

「進研ゼミ小学講座」提供
「進研ゼミ小学講座」提供

の2作品は、特に小学生の支持が多く集まったという。