おつまみ缶詰のパイオニアとして、12年前に販売がスタートした「缶つま」に岐阜の名産、アユが仲間入りした。

クセのない綿実油と塩だけ シンプルな味付け

「缶つま」のラインナップは約70種類。家飲み需要も相まって、2021年は410万個も売れた大人気商品だ。

この記事の画像(7枚)

使用されているアユを養殖する岐阜県輪之内町の「森養魚場」。豊富な地下水を生かし50年前からアユの養殖をしている。

ここのアユの育て方は、全国でも珍しい「完全養殖」。

森養魚場の社長:
採卵・ふ化から自社で行い、それを成魚まで成育して。出荷する過程までを全てを自社で行う養殖をしております

ふ化から出荷までを一貫して行う完全養殖により、品質の良いアユを安定的に供給することができるという。

しかし、今回アユを缶詰にするにあたっては、クリアしなければいけない課題があった。

国分グループ本社商品開発部の担当者:
ちょっと小さいサイズのアユにはなるので。缶詰につめてしまうと、身がボロボロになってしまって品位を保てない…

缶詰に収まるように若くて小さなアユを使うが、若いアユはまだ身がやわらかく、どうしても崩れがちに。そこで…。

国分グループ本社商品開発部の担当者:
乾燥工程を一度加えることによって、身もしっかり引き締めることができ、嫌に感じない苦みがお酒にも合う

岐阜の名産を全国の人に届けたいと、1年かけ試行錯誤を繰り返した。

そうして完成した缶つまが「岐阜県産小鮎油漬け」。癖のない綿実油(めんじつあぶら)と塩のみのシンプルな味付け。アユの旨味がギュッと詰まった一品だ。

アユを提供した森養魚場の田村社長は…。

森養魚場の社長:
アユのおいしさが凝縮された缶詰だなと。岐阜のアユをもっと皆さんに知っていただいて、皆さんに味わっていただければいいなと思っております

(東海テレビ)