愛媛県立とべ動物園で、2022年5月に生まれたばかりのライオンの男の子。すくすく元気に成長している。

5月5日生まれ 体重は6.5kgに

鈴木瑠梨アナウンサー:
ライオンの男の子が出てきました。清水キーパーのもとに駆け寄っていきます。かなり成長して、だんだんとライオンらしくなってきました。けど、まだ小さくてかわいいです

この記事の画像(17枚)

2022年5月5日、こどもの日に生まれたライオンの男の子。お母さんの「さくら」に出産後、体調不良が見られたことから人工哺育に切り替えられ、7月5日から一般公開が始まっている。

とべ動物園 清水和真キーパー:
重たい。すんげえ重たい

鈴木瑠梨アナウンサー:
何でしょうか。トイレットペーパーを清水キーパーが取って、お尻を拭いてあげていますね

とべ動物園 清水和真キーパー:
あれは排せつを促すんです。本来だったら母親がお尻とかをなめて、刺激を与えることによって排せつを促すん。2~3日出ていないのでちょっと刺激を与えてたんですけど、ああやって片手で持つのもしんどいです

生まれた時に推定1kgだった体重は、7月4日の報道公開時には5.5kgに。さらに10日ほどでもう1kg増え、6.5kgになったそうだ。

とべ動物園 清水和真キーパー:
肉食動物の子供の成長って、本当に驚くほど早いんです。僕らでも休み明けに見ると、2日や3日でもたくましくなっていると感じます

少しずつ肉も食べ…まだまだ甘えん坊

今は1日1回、70mlのミルクに加え、700gから800gのぶつ切りの肉も食べていて、順調に離乳が進んでいる。しかし、お肉だけでなく清水キーパーの手をかんでしまう場面も。

とべ動物園 清水和真キーパー:
あれ、痛いですよ。ライオンですからね。歯や顎や腕を使うことは、本来だったら兄弟や母親とじゃれながら狩りの仕方だったり、狩りに必要な筋肉を鍛えていく時期なんです

とべ動物園 清水和真キーパー:
どうしても人間とライオンですから、どこかでやめないといけない時期も来ます。だから今はああやって甘えさせて、少々かまれながら…

生後2カ月半、まだまだ甘えん坊だ。

生後2カ月半、兄弟や母親とじゃれながら狩りに必要な筋肉を鍛えていく時期

愛らしい姿に来園者夢中 健やかな成長を

鈴木瑠梨アナウンサー:
仰向けになって、おなかを完全に上に向けています

ころころ変わる表情と仕草。その愛くるしい姿にお客さんもメロメロ。

来園者:
たまりませんね。めっちゃかわいいです

来園者:
ライオンの男の子を見に来たんで、見られてよかったです

来園者:
かわいいですね。もう見てるだけで笑顔になります。このまま元気に大きくなってほしいなと思います

たくさん走り回ったあとは、すやすやと眠る。寝顔もまたかわいらしい。お母さん代わりの清水キーパーも「わが子」の健やかな成長を祈る。

とべ動物園 清水和真キーパー:
今はこうやって人間と暮らしてますけど、やっぱりライオンとして成長していって、ライオンの社会で活躍できるようになってくれたら一番うれしいかなと思います

名前は来園者から投票を受け付けた結果、7月24日に映画のライオンのキャラクターから「クレイ」に決まった。

(テレビ愛媛)

記事 345 テレビ愛媛

愛媛の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。