福岡・古賀市内の駐車場に捨てられていた1匹のネコ。ネコカフェに併設されている駐車場に設置されていた防犯カメラが、ネコを置き去りにする男の瞬間を捉えていた。

Cafe Gatto・磨田薫代表:
ちゃんと飼われていたんだと思います。ねぇ、なのに何で?っていう感じですね

防カメには置き去る瞬間が…元は飼い猫か

古賀市にあるネコカフェで周囲を興味深く見つめているのは、7月10日に保護されたネコ。このネコが捨てられたのは、午前5時前のことだった。

この記事の画像(10枚)

ネコカフェに併設されている駐車場を捉えた防犯カメラ映像。
男が頭を突き出して、敷地内をのぞき込んでいる。

人がいないことを確認したのか、男は足早に駐車場に入ってきた。よく見ると右手には大きなバッグが…

そして、男はバッグを敷地内に置くと、気にかける様子もなく、立ち去って行った。
このバッグの中にいたのが、あのネコだったのだ。

Cafe Gatto・磨田薫代表:
またキャリーバッグが置いてあります。はぁ~~~~。中には、さびちゃん(錆柄のネコ)。子猫じゃないと思います

カフェの代表がネコを発見したのは、バッグが放置されてから約5時間後、気温は30度近くにもなっていた。

(Q.ネコの状態は?)
Cafe Gatto・磨田薫代表:

痩せたりとは特になくて、衰弱もなかった。じ~っとビックリしたような感じで周囲を見ている

ネコは1歳ほどのメス。避妊手術を受けていて、飼育されていたとみられている。

ネコカフェによると、オープンから7年の間に10匹以上のネコが駐車場に置き去りにされていたという。対策として防犯カメラを設置。今回の映像が捉えられた。

Cafe Gatto・磨田薫代表:
1回相談してほしかった。置いていくんじゃなくて。そうしたら何かしら協力できたのではないかと思う。こんないい子なのに

ネコを捨てたのは一体どんな人物なのか。
カフェではネコの里親を探すとともに、警察に被害届を出すことも検討している。

(テレビ西日本)