“夢のマイホーム”が高騰し続ける中、中古住宅のリノベーションに注目が集まっている。建築費が抑えられるだけではない、意外な利点もあった。

築45年…土地込み580万円の年季が入った住宅が即売却

この記事の画像(18枚)

札幌市南区石山にある、木造2階建ての中古住宅。土地込みで、価格は580万円と格安だが…

年季が入ったキッチン…
年季が入ったキッチン…

築45年ということもあり、キッチンは年季が入っていて隙間風も入りそう。

換気口には穴が…
換気口には穴が…

換気口には穴が空いている。

お風呂はきれいだけどちょっと狭い…
お風呂はきれいだけどちょっと狭い…

お風呂はきれいだが、少々狭くなっている。

しかしこの物件、売りに出してすぐに売却が決定したという。

HOUSE SHUN・近江谷俊介 社長:
(問い合わせなど)反響はもらった。時間がかかると思ったが(インターネットに)掲載して1か月以内で決まった。予想外だった

住宅を販売した会社の社長は売れた理由として、スーパーやショッピングモールが近くにあり便利なことを挙げるが、それでもこの古い住宅が注目されたことに驚いている。

買った人は本当に住むのか?

HOUSE SHUN・近江谷俊介 社長:
完全フルリフォームすると聞いた。2000万円くらいかけると言っていた

そう、新築住宅の価格が高騰する中、中古住宅のリノベーションに改めて注目が集まっているのだ。新築との差額は?リノベーションの意外な利点を探った。

マイホームは"夢"…札幌の新築戸建ては平均4000万円に

住宅価格の高騰が止まらない。札幌市内の土地と建物をあわせた新築戸建ての平均価格は、2016年には3000万円を下回ることもあったのに比べ、2021年には3700万円を突破。

いまや4000万円に迫る勢いだ。

住宅ローンの低金利や、コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことによる需要の高まりが背景だ。しかし、ロシアのウクライナ侵攻により木材などの値段が上がっていて、さらなる高騰も懸念されている。

どこまで変わる?費用は?中古住宅を"フルリフォーム"

そこで取材班は、リノベーション専門の会社を訪れた。本社は旭川市だが、2022年4月に札幌に進出した。

これまでに手掛けた実例を見せてもらうと…

全体的に古かった化粧台周りが…
全体的に古かった化粧台周りが…

カウイエ・相良毅 店長:
洗面化粧台が、見た感じで古かったので、新しくした。床置きだったボイラーを壁掛けにしてスペースを確保

リフォームで生まれ変わった
リフォームで生まれ変わった

カウイエ・相良毅 店長:
風呂は0.75坪というちょっと狭いサイズを、1坪に大きく、きれいにした

お風呂も広く、きれいに
お風呂も広く、きれいに

カウイエ・相良毅 店長:
元々は壁の方にあったキッチンを、対面キッチンに変更した

単に設備を新しくするだけでなく、生活スタイルに合わせて間取りも変える提案もするという。

見た目も住みやすさも、新築と遜色ないと胸を張る店長。さて、そのお値段は?

カウイエ・相良毅 店長:
物件とリノベーション費用で計2100~2200万円。(リノベーションと新築で)500~600万円くらい差がある

販売価格だけじゃない!中古住宅の"メリット"

リノベーションを検討する人はどんどん増えているということで、この日は札幌の家族が見学に訪れていた。

店員:
(キッチンは)身長に合わせて使いやすい高さがある。リノベーションで変えられる

客:
これ食洗器?

店員:
食洗器があると生活が変わると言われていますからね

客:
家が欲しいという気持ちが高ぶりました

割安で好みの家が手に入るリノベーション。最後に店長がもう1つの利点を教えてくれた。

それは、固定資産税。

カウイエ・相良毅 店長:
(新築時で)年間20万円前後の住宅も、築25~30年たつと5万円を切るくらい。中をフルリノベーションしても"固定資産税"は変わらない

なんと、年間20万円前後の固定資産税が、4分の1程度になる場合もあるという。

様々な面でお得な"リノベーション"。住宅価格の高騰が止まらない今、改めて注目が集まっている。

(北海道文化放送)