日帰り登山の魅力を発見すべく、標高は低いながらも歴史ロマンあふれる富山県高岡市の里山へ。富山県警山岳警備隊の元隊長で、登山グループ・山凱会の谷口凱夫さんらと訪ねた。

標高195.7メートル 山の植物に触れ

矢野美沙アナウンサー:
地元の方に親しまれている里山ということなんですが、どんな特徴があるんでしょう?

山凱会・谷口凱夫さん:
低い山ですけど、色んな遺跡、横穴式のお墓の跡とか城跡があって。小矢部川の河口から源頭まで一望できる、良い眺めの山なんです

この記事の画像(14枚)

高岡市西部の西山丘陵と呼ばれる一帯にある、元取山(もとどりやま)。195.7メートル。

今回の登山口は福岡町加茂地区、岸谷川砂防堰堤の左岸側にある。山頂まではゆっくり登っても1時間ほど。

山凱会・谷口凱夫さん:
(赤い実を見つけて)何の実だろう?

矢野美沙アナウンサー:
何でしょう。秋にこういう赤い実がなっているのは、よく見たことがあるのですが。この時期に珍しいですね

日本海側の雪の多い地域に分布する、「オオニワトコ(レンプクソウ科)」の実。ニワトコは、児童文学「ハリー・ポッター」シリーズで“最強の杖”として登場する樹木だ。

さまざまな植物に触れるのも、山歩きの魅力。

山の斜面に横穴墓26基 状態は良好

矢野美沙アナウンサー:
あ、これが横穴式の。横穴墓という

山の東側の斜面には、6世紀末から7世紀前半ごろ、古墳時代につくられたお墓の一種「横穴墓(よこあなぼ)」が26基確認されている。

山凱会・谷口凱夫さん:
自然に任せとる

矢野美沙アナウンサー:
自然に任せて、この状態がずっと保たれてるって…

山凱会・谷口凱夫さん:
すばらしい

横穴墓の入口付近
横穴墓の入口付近

矢野美沙アナウンサー:
ええ、ちょっとロマンを感じます

山凱会・谷口凱夫さん:
ここの登りが急

矢野美沙アナウンサー:
逆にこれを上がってしまえば?

山凱会・谷口凱夫さん:
楽になる

砺波平野を一望 「鴨城」の二の丸跡

横穴墓が連なる場所を過ぎると登山道はなだらかになり、ここからはまた違った時代の歴史散策が楽しめる。

矢野美沙アナウンサー:
ここが城跡ですか!本当だ、二の丸って書いてある

南北朝時代の武将、桃井直常(南朝の有力者で越中守護)討伐のため、この山に築かれた「鴨城」の二の丸跡。

矢野美沙アナウンサー:
あ~確かにここは、よく見えますね。ここから見張ってたんだ

山の尾根沿いにはいくつか砦の跡もあり、鴨城は「詰め所」の役割を果たしていたと考えられている。

矢野美沙アナウンサー:
ああ、葉がこすれる音が、すっごく清々しいですね。いくら標高が低いとはいえ、森の中に入ると静かですね

山凱会・谷口凱夫さん:
やっぱり出城があるところだから。攻められにくい場所にある

矢野美沙アナウンサー:
なるほど。ひっそりと相手の様子を伺うのに、ちょうどいいのかもしれないですね

そして195.7メートル、元取山の山頂へ。

矢野美沙アナウンサー:
着きましたね!ここが山頂です。おお~また一段と良い眺め、爽快感!

ゆるやかに蛇行する小矢部川の流れ、砺波平野が一望できる。

かつては鴨城の物見台だったというこの山頂。条件が良ければ、立山連峰を望むこともできる。

薬味たっぷりのそうめん デザートに蒸しパン

山頂での楽しみのひとつは「山ごはん」。

矢野美沙アナウンサー:
大量のそうめん!そして…薬味もたっぷり~。ぜいたくなそうめんです!

デザートにもう一品。ホットケーキミックスをカップに流し込み、メスティンを使って蒸す。

矢野美沙アナウンサー:
蒸しパンです。良い香り!

高岡市西部の西山丘陵にある、標高195.7メートルの元取山。

これからの時期、山歩きに限らず、アウトドアは熱中症や脱水症状に注意が必要。水分補給をしっかり、そして自分の体力や技術に見合った山を選んでほしい。

(富山テレビ)