町を盛り上げようと全国各地にさまざまな「ご当地グルメ」があるが、北海道の苫小牧市で、一風変わった「ご当地もの」が誕生し、盛り上がっている。

なんにでもふりかける?新たな「ご当地もの」は"粉末"

あつあつの肉まんにも。ジューシーなタンドリーチキンにも。 そして、カレーの仕上げにも。 ふりかけているこの粉末は…?

この記事の画像(12枚)

豚まん店店長:
何にでも合う"魔法のスパイス"

どんな料理とも相性抜群という、その名も「苫小牧クラフトスパイス」だ。
「スパイスで交流人口を作る」苫小牧でこの春始まった「スパイス大作戦」。ご当地グルメではなく、「ご当地スパイス」が誕生したのは、あるワケがあった。

"素通りされない街"目指し試行錯誤…「スパイス大作戦」

本州とフェリーで結ぶ苫小牧市。コロナの感染拡大前は、毎年約80万人がフェリーを利用する、北海道内の海の玄関口だが、素通りされてしまう町…それが苫小牧だ。

どうすれば街に足を運んでもらえるのか…。市や商工会議所などが考えたのが「苫小牧クラフトスパイス」。

ご当地グルメではなく、なぜご当地スパイスなのだろうか?

苫小牧都市再生プロジェクト委員会・市町峰行実行委員長:
主役じゃない脇役を主役に、というのが今回のプラン。どこまで持っていけるか難しいと思った。ふたを開けてみると、いろいろな料理店、ホテルや食堂が扱いやすかった

メニューや食材だと扱える店が限られるが、どこでも幅広く使えることがスパイスにした決め手だった。
プロジェクト名は「スパイス大作戦」。

半年がかりで完成…なんにでも合う"街の名物"に

地元の料理人らも加わり、コリアンダーやガーリック、バジルに根昆布の粉末など、10種類以上のハーブや香辛料を何度も配合し、半年かかって2022年3月に完成。

和洋中、どんな料理とも相性抜群というスパイスが仕上がった。

夢酒ダイニングなか里・中里隆徳オーナーシェフ:
辛みがなく、そこにちゃんと香辛料に味がある。何にでも使える、無限大に使えるものだと思って(スパイスを)作った

開発に携わった創作フレンチの店ではコース料理を提供していて、前菜からメインまでどの料理にも苫小牧クラフトスパイスが合うという。

「道の駅ウトナイ湖」の食堂でも、スパイスを使った10種類のカレーライスやハヤシライスを提供。スパイスのうまみを直接楽しんでもらえるよう、ルーには混ぜないでご飯にふりかける。

豚バラカレーでは、肉もスパイスで柔らかく煮込まれてる。

苫小牧と言えば…スパイス! 豚まんも"夏仕様"に

また道の駅の別の店では、看板商品の豚まんとスパイスで夏仕様に!

プレジール・佐藤晶子店長:
スパイスは、ビタミンB1(を含む)豚肉の疲労回復効果と、夏のスタミナという面で相性が良い

苫小牧市のブランド豚を使った豚まん。

注文を受けてからごま油でこんがりと焼き上げ、スパイスと隠し味の砂糖をふりかけている。
トロットロで肉汁たっぷり、豚肉の甘みとスパイスで食欲がそそられる。

プレジール・佐藤晶子店長:
私の店は「道の駅ウトナイ湖」にあるので、苫小牧の入り口として、スパイスの取り組みがあることを地元や観光客が知るきっかけになれば

苫小牧市を知ってもらい、"通過されない街"となるきっかけを作りたい。
クラフトスパイスは現在、苫小牧市内の飲食店25店舗で扱っていて、今後、店舗を増やしていく。これが"スパイス大作戦"の最大のミッションだ。

(北海道文化放送)