この記事の画像(7枚)

原油価格の高騰などの影響で今、様々な食材の価格が高くなっているが、子供たちが学校で食べる給食にも影響が出ている。

担当者は苦心…価格の安い食材に変更 魚を変え デザートも小さく

愛知県豊橋市の小学校。この日の給食は、餃子に小魚、中華スープ、ごはん、そして牛乳。

豊橋市では4か所の給食センターで、75の小中学校の3万4000食を調理しているが、今、頭の痛い問題を抱えている。

栄養教諭:
主食のパンが約2〜3円上がっていて、豊橋市は3万4000食作っているので、(全体で)1食あたり約10万円ぐらいプラスになってしまったりする

食材高騰の影響が、毎日の学校給食を直撃しているのだ。

1日あたりの豊橋市の給食費は、小学校で240円、中学校で280円だが、1食あたり20円から30円ほどオーバーしてしまうという。そこで、4月ごろからあるやりくりを始めたのだという。

栄養教諭:
お魚は今までサケとか子供たちが好きな魚を出していたんですけど、ちょっと魚種を代えて、お安く手に入るアジやイワシに代えたりしています

サケの塩焼きは、アジの塩焼きやイワシのしょうが煮に。さらにふりかけが無くなり、子供たちが楽しみにしているデザートもカップのサイズが小さくなってしまった。

他にも、鶏のモモ肉を価格の安いムネ肉に代えたり、豚や鶏のひき肉を一部大豆で代用したりしている。

しかし食材を代えても、給食ならではの気を付けなければいけないことがあるという。

栄養教諭:
食材の価格高騰がなかった去年(2021年)と同じだけの栄養が、今年もちゃんと摂れるように、給食の献立は考えております

給食には、1日に摂らないといけないタンパク質や脂質などの3分の1を、カルシウムは2分の1を摂取するという基準があり、それを守りながら食材を工夫して必要な栄養を摂れるようにしている。

栄養教諭:
今後も食材の価格高騰の波が続いていくと思いますので、献立と給食費のやりくりが大変になることが予想されます。国がなんとかしてくれると嬉しいです

(東海テレビ)