志賀原発1号機の真下を通るS1断層。2016年には国の有識者会合で「活断層と解釈するのが合理的」と評価されている。しかし北陸電力は新たな調査方法で「活断層ではない」と主張している。
志賀原発が停止して11年。原子力規制委員会が出した結論とは…。

福島第一原発事故後の新基準で…活断層となれば廃炉の危機

新潟県佐渡市とともに「能登の里山里海」として、日本で初めて世界農業遺産に認定された石川県能登地区。そのちょうど真ん中にある石川県志賀町には2つの原発がある。それが志賀原発だ。

世界農業遺産にも指定された、能登地区にある志賀原発
この記事の画像(14枚)

そんな志賀原発を抱える北陸電力に、2012年、激震が走った。

2011年の福島第一原発事故を受けて、国は原発再稼働について新たな規制基準を設けたが、この中に、「12万年~13万年前以降に活動した活断層の上に原発の重要な施設は建てられない」というものがあったのだ。仮に原発がすでに建っていても、活断層と分かれば廃炉を余儀なくされる。

有識者会合の委員:
明らかに活断層だ

志賀原発 1号機の真下を通るS1断層。建設当時のスケッチを見た委員の一人がこのように発言した。

活断層とされたスケッチ

しかし、志賀原発1号機の建設工事が始まったのは1988年で、1993年には営業運転を開始している。この時、国と専門家は同様のスケッチを見ているが「波による浸食」という北陸電力の主張を認め、建設を許可している。そして、スケッチで描かれた地層は建設工事によって削り取られているのだ。

国は建設を許可し志賀原発1号機は建設された

このままでは廃炉を余儀なくされてしまう…、そう考えた北陸電力は、原子炉のそばにトンネルを掘るなどして、S1断層の活動性がないことを訴えてきた。

「活断層と解釈するのが合理的」2016年 有識者が指摘

しかし2016年4月、国の有識者会合はこう結論付けた。

有識者会合:
活断層と解釈するのが合理的だ

2016年有識者会合は活断層と解釈した

実はこの結論が出る2年前、北陸電力は、電気出力は1号機の倍以上となる志賀原発2号機(2006年に営業運転開始)の審査を申し入れている。志賀原発を重要な電源の一つとみなしている北陸電力にとって、審査を先行させることで再稼働に道筋をつけるためだった。

北陸電力は志賀原発2号機の審査を申し入れ

この2号機の審査会合が、S1が活断層と指摘されてから2ヶ月後の2016年6月に始まった。そこで問題となったのが、志賀原発の敷地内にある10本の断層だ。この中には、S1も含まれる。

調査対象となった10本の断層

「活断層ではない」北陸電力が主張した新たな証拠

敷地内にある10本の断層のうち、1つでも活断層と評価されれば志賀原発は廃炉を余儀なくされる。北陸電力は約100億円の費用をかけて様々な調査を実施した。活断層と評価した有識者の評価をどのように覆すか。取り入れたのは新たな調査方法「鉱物脈法」だ。

鉱物脈法で原子力規制委に説明する北陸電力

これは600万年より前にできたと見られる鉱物を顕微鏡で調べ、断層と疑われるところで、その鉱物が割れていないことを証明するもの。600万年より前にできたとみられる鉱物が割れていなければ、その断層は12万年~13万年前以降に活動していない証拠となる。

北陸電力は10本あるすべての断層で、少なくとも1つは鉱物が割れていないことを提示し、「活断層ではない」と主張した。

600万年より前にできた鉱物が割れているか調査

そして迎えた、2022年5月の審査会合。原子力規制委員会の評価は…

原子力規制委員会のメンバー:
活断層を疑うような点はみられない。おおむね評価する

原子力規制委員会は北陸電力の主張をおおむね評価

年内に現地調査実施も再稼働への道のりは遠く…

新たな調査方法を提示し、北陸電力は2016年に示された有識者会合の判断を覆した。しかし原子力規制員会はこう付け加えた。

原子力規制委員会のメンバー:
写真だけではあいまいな部分もある。現地調査でしっかりと確かめたい

現地調査を実施する方針を示した

慎重な判断を示した原子力規制委員会。北陸電力は「現地調査でしっかりとお見せする」と胸を張って答えた。

北陸電力は現地調査に自信をのぞかせた

会合後、現地調査の意義を記者団に問われた原子力規制委員会は…

原子力規制委員会のメンバー:
活断層の疑いがあるから現地調査に行くわけではない。北陸電力の主張は資料だけを見れば、矛盾することはない。ただし、評価対象の断層の中には、1つの鉱物の結果だけで「活断層ではない」としているものもある。私たちが現地で実物を見れば「活断層ではない」と、より自信をもって言い切れる。雪が降る前、年内には現地調査を実施したい

2021年にも現地調査は実施されている

志賀原発の敷地内にある断層が「活断層ではない」と判断されれば、北陸電力は、再稼働に向けたスタートラインにようやく立つことができる。しかし、現地調査が年内に実施されても、その後に、現地調査を評価する審査会合が開かれることが決まっている。そしてさらにその後、地震や津波などの想定が正しいかや、それに対する安全性に問題がないかなどが厳しくチェックされる。
さらに再稼働のいちばんのハードルは、住民の理解だ。北陸電力は1999年、志賀原発1号機で国内初の臨界事故を起こしながら隠ぺいしていた過去がある。

北陸電力は臨界事故を隠した過去も…

ロシアのウクライナ侵攻や円安による物価高、さらにはカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出を、全体としてゼロにすること)を掲げる日本にとって、原発は重要なエネルギーと位置付けられている。北陸電力も志賀原発の再稼働を目指していて、国も事業者もその思惑は一致している。
しかし、福島第一原発事故を経験した私たちにとって、志賀原発の再稼働は必要なのかどうなのか。現実的に再稼働まで時間がかかる今だからこそ、私たちは今後のエネルギー政策をどうするか議論する必要がありそうだ。

(石川テレビ)

記事 214 石川テレビ

石川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。