平安時代に創建された愛知県豊橋市の「安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)」は、飴と白い粉をまいて無病息災を願う「鬼祭」で知られている。

春の訪れを告げる名物祭り

この記事の画像(5枚)

愛知県豊橋市八町通の「安久美神戸神明社」で毎年2月に行われる「豊橋鬼祭」は、赤鬼がタンキリ飴と白い粉をまきながら町内を駆け回り、無病息災を願う祭り。

この粉を浴びて餅を食べると、厄除けのご利益があると伝えられている。

鬼祭は、戦国時代の大名・今川義元が赤鬼と天狗のお面を寄進したとされ、室町時代には既に行われていたと考えられている。

1000年以上の歴史を誇る「豊橋鬼祭」は、春の訪れを告げる豊橋自慢のお祭りだ。

(東海テレビ)