上皇ご夫妻は4月26日、静養先の神奈川県・葉山御用邸から、赤坂御用地内にある新しいお住まい「仙洞御所」に移られました。これで、おととし3月から始まった、令和のお代替わりに伴う一連の引っ越しが完了しました。

新たなお住まい「仙洞御所」とは

上皇ご夫妻の新しいお住まいは、皇太子時代から即位後まで30年あまり暮らされた建物で、去年9月までは天皇ご一家が住んでいらっしゃいました。

令和3年(2021年)9月まで天皇ご一家が住まわれていた「赤坂御所」
改修し上皇ご夫妻が移り住まわれる「仙洞御所」に
この記事の画像(11枚)

今回、ご夫妻が住まわれるにあたり改修工事が行われ、お引っ越し前日、その一部が公開されました。地上2階、地下1階の鉄筋コンクリート造り。来客など公的行事に使う部屋は、壁紙などを貼り替えたほか、玄関脇のお手洗いは多くの人が利用しやすいようオストメイト対応に改修。ご夫妻が住まわれる部分では、エレベーターや階段のスロープなどを取り付けバリアフリー化。医療体制を充実させるため、事務室部分などあわせて200㎡ほど増築されました。

来客など公的行事で使われる部屋の一つ「檜の間」

子育ての思い出あふれるお住まい

上皇ご夫妻にとって この建物は、3人のお子さまを育てられた思い出深い場所です。
当時の皇太子ご一家のお住まいとして、「東宮御所」が完成したのは昭和35年。陛下が誕生されてすぐのことでした。

昭和35年(1960年)6月 完成したばかりの「東宮御所」にて 当時の皇太子ご一家

ご夫妻はそれまで皇室の慣習だった、子供を乳母や養育係に預けることはせずにお手元で育てることを決められました。

民間から初めて皇太子妃になられた、上皇后・美智子さま。
お住まいには家庭用のキッチンが設けられ、美智子さまはご家族に手料理を振る舞い、また、お子さまのお弁当を可能な限り手作りされたといいます。

昭和36年(1961年)10月 台所で調理される上皇后・美智子さま

家庭生活を知らずに育ったという上皇さまも、家族との団らんの時間を大切にされました。ご夫妻はお子さまたちに一般家庭と変わらない体験を重ねて欲しいと願い、愛情一杯に育て、時には厳しくしつけられたといいます。

昭和40年(1965年)、秋篠宮さまがご誕生。そして昭和44年(1969年)には長女の清子さんが誕生し、ご一家はさらに賑やかになりました。

昭和44年、4歳の誕生日にご夫妻から自転車をプレゼントされた秋篠宮さま。陛下と一緒に御所の庭で乗り、うれしそうなご様子でした。

昭和44年(1969年)11月 陛下と共にプレゼントの自転車に乗られる秋篠宮さま

御所のお庭で、お子さま方はバドミントンや、ご夫妻が自ら庭の土を掘って作られた砂場で砂遊び、そしてマット運動などを楽しまれていました。

昭和46年(1971年)11月 お庭でバドミントンを楽しまれる当時の皇太子ご一家
昭和47年(1972年)11月 お庭でマット運動

ご家族一緒にピアノやバイオリンの演奏も。
ご夫妻は常々「小さいときからいろいろな楽器を弾くのは素晴らしいことです。」と話されていたと言います。

昭和49年(1974年)11月 上皇ご夫妻が見守られる中、ピアノを弾かれるお子さま方

お住まいは海外の王室との交流の場でもありました。
昭和50年(1975年)5月、イギリスのエリザベス女王をご一家で出迎えられ、お庭を散策の折に、清子さんは庭で見つけたワスレナグサの花を摘み、女王に手渡しました。
そして昭和61年(1986年)5月、チャールズ皇太子、ダイアナ元皇太子妃が来日。ご一家は夕食会を催し、家族ぐるみで親交を深められました。

昭和50年5月 東宮御所のお庭をエリザベス女王と散策される当時の皇太子ご一家

即位後も平成5年(1993年)まで赤坂に住まわれた上皇ご夫妻。
お代替わりに伴い、再びこの地に住むことについて上皇后さまは、お気持ちを綴られています。

〈上皇后さま84歳誕生日ご感想〉平成30年(2018年)10月
「3人の子ども達も皆この御所で育ち、戻りましたらどんなに懐かしく当時を思い起こす事と思います。」

平成4年(1992年)12月 「赤坂御所」に集まられた当時の天皇ご一家
上皇ご夫妻は、同じ御用地に住む初孫・眞子さんと度々一緒に過ごされていた

引っ越し後のご近況

引っ越しを終えた上皇ご夫妻は、毎朝、朝食後に読書をし、朝や夕方には散策をするなど、これまで通り規則正しく過ごされているということです。

お庭には、お2人の出会いの地軽井沢ゆかりのユウスゲが植えられており、今後、東日本大震災の被災地・岩手から贈られたハマギクなど、お二人にとって思い出深い花が植えられることになっています。

そしてお住まいには、ご夫妻の結婚や即位など節目の行事に作られた記念品、ボンボニエールが飾られているということです。

懐かしの「我が家」に戻り、思い出に包まれながら穏やかに過ごされる上皇ご夫妻です。

4月26日 「仙洞御所」に移り、新たな生活を始められた上皇ご夫妻

(「皇室ご一家」5月15日放送)

皇室ご一家
皇室ご一家
記事 13