細田博之衆議院議長は10日、「月給100万円未満であるような議員を多少増やしたって罰は当たらない」と述べた。

細田議長は、東京都内で開かれた自民党議員のパーティーでの挨拶で、過去の衆議院議員定数の増減について触れた。その上で、議員の歳費について、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない。『そんなにもらっているのか』というが、上場会社の社長は1億円は必ずもらう。2億も3億も10億ももらっている人がいる」と語った。

そして、「議員を減らせばいいのかどうか、この辺で考えた方がいい。民主主義は出来るだけたくさんの議員を出して、盛んな議論をしてもらうのがいい」と指摘し、「月給で手取り100万未満であるような議員を多少増やしたって罰は当たらない」と述べた。

記事 1182 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。