スゴイ技を持った高校生を発見。逆転の発想が、ある"スゴ技”を生んだという…

石川県の高校生が持つ「スゴ技」

金沢市に住む、金沢泉丘高校2年の丸川征史朗さんの家を訪ねた。

秋末アナウンサー:
たくさんありますね!これはなんですか?

丸川さん:
これは段ボールで作った車の模型です

段ボールで作った車の模型
この記事の画像(13枚)

丸川さん:
一番頑張ったところは、エンジンルームが開くところです

エンジンルームも手を抜かない!

丸川さんのスゴ技とは、段ボール工作。小学6年生から始め、これまでに作った作品は20点以上。大好きな乗り物を、段ボールで見事に再現する。作り方は全て自己流、教科書はない。

自慢の段ボール作品と丸川征史朗さん

秋末アナウンサー:
道具は?

丸川さん:
基本はハサミとボンドで作っている。定規とか使わず、感覚で直線を切っていく

自己流で製作した乗り物や戦車や戦艦

最近の自信作は…脳内で3D化?

丸川さん:
EF58型電気機関車。材質の違う段ボールを使い分けて、本物そっくりに仕上げています

最近の自信作EF58電気機関車

その完成度と共に驚くのは、丸川さんがその電車を実際に見たことがないということ。お手本は写真だけだという。

丸川さん:
ツイッターで有識者から写真を提供してもらって、細かいところを作った。脳内で完結して立体に作る感じです

写真を頼りに脳内で3D化!

逆転の発想で「段ボール工作」

丸川さんに、段ボール工作を始めたきっかけを聞くと…

小学生のころの丸川さん

丸川さん:
きっかけは、もともとプラモデルを作るのが好きだった。プラモデルは高くて、親がお金を出してくれなかった

丸川さんの母:
全然おもちゃとかゲームとか買い与えていなかったので、自分で作るしかないみたいな状況だったのかもしれない。ごめんね

一番の理解者である母と共に

逆転の発想で、才能を開花させた丸川さん。一番最初に作品を見せるのは、今もお母さんだ。母の日には段ボールで作ったカーネーションを贈るなど、プラモデルを買ってもらえなかったことなど、恨んでいない。

思いがこもった段ボールカーネーション

秋末アナウンサー:
一番に見せてくれるのは嬉しいですね?

丸川さんの母:
本当ですね!私もうれしくて、ありがとうっていうからか、いろんなものを作ってプレゼントしてくれる

お母さんを喜ばせるため、これまでもいろいろなものを作ってきた。気づけば、家じゅうが作品だらけだ。

楽しい作品の数々…ライバルも出現

秋末アナウンサーが、ちょっと変わった作品を部屋の中で見つけた。置いてあったのは、乗り物ではなく、合戦をイメージした作品。

丸川さんの作品とは一風変わった作品が!?

秋末アナウンサー:
こういうものも作るんですか?

丸川さん:
いえ、これを作ったのは僕ではなくて弟です

実は、丸川さんは三兄弟の長男。
話を聞いていると、弟2人が自前の段ボール衣装で登場した。

ライバルでもある弟二人が取材に参戦!

秋末アナウンサー:
2人がかぶっているのは?

丸川さんの弟・幹士さん:
真田幸村いう戦国武将のカブト。(お兄ちゃんは)工作上手くて悔しいけど尊敬

丸川さん:
超えられないように、自らも精進していかないと

2023年は受験が控えているが、目標は…

受験も段ボール製作で頑張ると決意

丸川さん:
ぼくの場合は、勉強と段ボールの両立をしていかないといけないなと思います

秋末アナウンサー:
新しい二刀流ですね!

弟2人も加わった石川県が誇るスゴ技キッズ。丸川さんが次にどんな段ボール作品を生み出してくれるのか…期待して待とう。

(石川テレビ)

石川テレビ
石川テレビ

石川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 186