アメリカの下院議長が、日本を訪問した後に台湾を訪れる方向で調整していることが分かった。現職の下院議長が台湾訪問すれば25年ぶりのことになる。

関係者によると、ペロシ下院議長は8日アメリカを出発し日本を訪問、岸田総理らと会談した後、台湾を訪問する方向で調整している。ロシアのウクライナへの軍事侵攻で中国による「力による現状変更」が懸念される台湾海峡に注目が集まる中、アメリカ政府の支持を表明するため急きょ決まったという。当初、日本の後に韓国を訪問する予定だったが、台湾訪問を受けキャンセルされた。

アメリカ現職の下院議長が台湾を訪問することが実現すれば、1997年以来25年ぶりのことになる。下院議長は大統領職継承順位2位の要職。

国際取材部
国際取材部

世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。

記事 451