東日本大震災直後、岩手・陸前高田市の避難所で出会った少年がいた。
わずか6歳で訪れた両親との別れ。それでも多くの人に愛され、真っすぐに成長した姿とその旅立ちの日までを追った。

震災で両親を亡くした陸前高田市の高校生

3月1日、陸前高田市内の災害公営住宅で遺影に手を合わせる高校生。
震災で両親を亡くした及川晴翔さん(17)は、人生の節目を報告していた。

陸前高田市の高校生・及川晴翔さん
陸前高田市の高校生・及川晴翔さん
この記事の画像(26枚)

及川晴翔さん:
「きょうで高校3年間終わり」ということと、「あっち(進学先)に行っても頑張るよ」みたいなことぐらいですよ

高校を卒業する晴翔さん。多くの人に支えられ、この日を迎えた。

父との思い出たどる七夕まつり

2021年の夏、伝統の七夕まつりの準備をする晴翔さんの姿があった。

物心がつく前から両親と一緒に参加していたこの祭りを、毎年楽しみにしている。

及川晴翔さん:
生まれてからずっと、七夕まつりで街を歩くのが恒例みたいな。七夕まつりをやらないと夏が始まらない

11年前、津波で父・徳久さんと母・昇子さんを亡くした晴翔さん。

震災直後の避難所では、両親が行方不明だったにもかかわらず、兄の佳紀さんとともに小さな手で手伝いに励んでいた。

避難所で過ごす晴翔さん(当時6)と兄・佳紀さん(当時9)
避難所で過ごす晴翔さん(当時6)と兄・佳紀さん(当時9)

ともに避難した母方の祖母・五百子さん(当時68)は、けなげな2人について、こう語っていた。

祖母・五百子さん:
頑張っているから、よろしいです。まだお母さんとお父さんの顔をみていないから。すみません…

祖母・五百子さん(当時68)
祖母・五百子さん(当時68)

しかし、兄弟の明るい表情の裏には、ある願いが隠されていた。

兄・佳紀さん(当時9):
(両親は)来てくれると思っている。頑張っていたら…

「目立っていれば両親が見つけてくれる」、そう信じて兄弟は気丈に振る舞い続けたが、願いは届かなかった。

晴翔さんにとって、この七夕まつりは、父との思い出をたどることができる大切なものだ。

及川晴翔さん:
お父さんが(祭りを)やっている姿があったから、それを見て「かっこいいな」「きれいだな」と思っていました。(山車に)上って太鼓をたたいていました。楽しそうに、生き生きした顔でやっていました

七夕まつりでの父・徳久さんの思い出語る
七夕まつりでの父・徳久さんの思い出語る

コロナ禍で町を練り歩くことはかなわなかったが、兄・佳紀さんが進学先の仙台から帰省し、兄弟で太鼓をたたくことができた。

晴翔さんの兄・佳紀さん
晴翔さんの兄・佳紀さん

祭りを通して兄弟を見つめてきた大石七夕祭組の会長・斉藤正彦さんは、5歳から知るという晴翔さんの成長をこう語る。

大石七夕祭組・斉藤正彦さん:
自分の子どもと同級生だからね、晴翔は。年を追うごとに頼もしくなってきている。(晴翔さんが)大きくなるまで、「よし、もう大丈夫だ」と思えるまで、俺も頑張って、バトンタッチできたら安泰だろうなと思う

大石七夕祭組・斉藤正彦さん
大石七夕祭組・斉藤正彦さん

及川晴翔さん:
楽しかったです。小さいころ憧れたお父さんがたたく姿と同じようにできて、すごくうれしい

卒業後は大学への進学を決めていた晴翔さんにとって、街を離れる前の最後の七夕まつりだった。

進学のため仙台へ…育ててくれた祖母に感謝伝える

将来は地元に就職し、街の発展に役立ちたいという晴翔さんは、第一志望だった仙台の大学に合格。
まちづくりや防災の知識を学べる地域学を専攻することにした。

高田高校(岩手・陸前高田市)
高田高校(岩手・陸前高田市)

卒業式当日の朝。震災後は祖母の五百子さん(79)に引き取られ、2人で暮らす晴翔さん。
五百子さんに負担をかけないよう、朝食は手軽に食べられるパンにしている。

及川晴翔さん:
小学校からずっと朝はパンなので慣れてます。部活をやっていたときは、ちょっと足りなかったけど

晴翔さんがいつもと同じように過ごす朝でも、五百子さんにはさまざまな思いがめぐる。

祖母・五百子さん:
みんなに助けられて…

祖母・五百子さん
祖母・五百子さん

晴翔さんが亡くした母は、五百子さんにとって最愛の娘。
その代わりとなって愛情を注いできた11年を、この日の晴翔さんに重ね合わせていた。

春からは1人暮らし。こうして見送ってもらうこともなくなる。
晴翔さんは、面と向かって言えずにいるが、1人残される五百子さんを気にかけている。

及川晴翔さん:
俺と兄ちゃんの面倒をほぼ1人でみてきたので、兄ちゃんも仙台に行っていて、俺もことしの春から仙台に行くから、やりきった感が出てしまって、倒れたりしないか心配です

1人残される五百子さんが心配だという
1人残される五百子さんが心配だという

そして迎えた卒業式。五百子さんも出席し、晴れの日を見届ける。

両親には今の姿を見せてあげることはできない。
それでも、親代わりとして懸命に育ててくれた五百子さんに、頼もしく成長した姿を見せることができた。

式の終わりには、大石七夕祭組の斉藤さんが駆け付けた。

大石七夕祭組・斉藤正彦さん:
七夕まつりには帰ってくるだろうから、待っているから。ふるさとへの思いも(街を)出て初めてわかることもある。ときどき様子を見せてもらえればいいなと思う

及川晴翔さん:
仙台に行っても七夕まつりの日には顔を出しに帰ってくるので、待っていてください

自宅に戻った晴翔さんは、もらったばかりの卒業アルバムを五百子さんに見せてあげた。
普段見ることがない学校での晴翔さんの表情は新鮮なようだ。

晴翔さんの卒業アルバムを見る2人
晴翔さんの卒業アルバムを見る2人

そして、晴翔さんはこれまで言えずにいた感謝の気持ちを伝えた。

及川晴翔さん:
俺をここまでしっかり育ててくれて、ありがとうございました。大学を卒業したら稼いで、仕送りして恩返しをする。世話もするので、待っててね

五百子さんにこれまで育ててくれた感謝の気持ちを伝える
五百子さんにこれまで育ててくれた感謝の気持ちを伝える

祖母・五百子さん:
頑張って。体に気をつけて。「陸前高田に帰ってきてね」って言ったの、さっきも

地域と祖母に見守られ、11年を歩んできた晴翔さん。
旅立ちまでのわずかな時間を大切に過ごす。

(岩手めんこいテレビ)

記事 693 岩手めんこいテレビ

岩手の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。