目指すは信長の如く…グルメで“天下統一”新名物「清須からあげまぶし」

この記事の画像(12枚)

愛知・清須市に、観光協会と地元の飲食店が町おこしのために考案した新グルメがある。名古屋名物ひつまぶしから着想を得て、開発されたこの「清須からあげまぶし」は、地元の野菜や地元企業の様々な調味料を使って調理。新たなご当地グルメとして人気となっている。

愛知・清須市の新グルメ「清須からあげまぶし」は、2021年12月に市の観光協会と町の飲食店が協力し、地域活性化のために開発された。食べ方は、ひつまぶしスタイルで、一杯目はそのまま、二杯目は薬味をのせて、三杯目はダシをかけて頂く。現在、市内の様々な店で食べることができる。

男性客A:
いろんな薬味が付いていて、いろんな味が楽しめて美味しい

しかし、なぜ“清須でからあげ”なのか。

清須市役所の担当者:
清須は、織田信長が桶狭間の戦いに清州城より出陣し、天下“取り(とり)”の出発点とした事から“鶏(とり)”のからあげをメインに

そして、織田信長の好物だったという「焼き味噌」と「湯漬け(お茶漬け)」からもヒントを得て考え出されたという。

清須からあげまぶしの条件は、清須産の味噌を使った鶏唐揚げを“ひつまぶし形式”で提供すること。さらに、愛知県産の野菜を使用することにもこだわっている。目指すは、信長にあやかり全国に名をとどろかせるグルメだ。

”つけてみそ”から”鬼ころし”まで…地元の名物をふんだんに使用

からあげまぶしを提供する店の一つが、創業47年の「カフェ&レストラン 田園」。

「鉄板ナポリタン」(1000円)や「田園風オムライス」(820円)など、定番料理が人気の店だ。

この店の唐揚げは、塩、コショウ、ニンニク、生姜、みりんと2種類の醤油で下味をつけた鶏もも肉に、コーンスターチをまぶしてカラっと揚げてある。ご飯にはキャベツと海苔を敷いて、味と食感にバリエーションを出している。

最後にかけるタレには、様々な地元の名物が使われている。地元企業「ナカモ」の「つけてみそかけてみそ」に、ソースやケチャップで有名な「太陽食品工業」の「太陽味覚酢」。そして、隠し味として老舗酒蔵「清州桜醸造」の「鬼ころし」も使っている。さらに…

田園のオーナーの男性:
コロナ禍で酒類の提供がダメになった時期に、ビールを破棄していたので「もったいない」と

清須市にはキリンビールの名古屋工場があり、東海3県を中心に出荷している。

オーナーの男性:
(ビールで)甘みをプラス。コク深い、ふくよかな、みりんのような調味料に

お米は、市周辺で育てられた「あいちのかおり 信長米」を使用。この店の「清須からあげまぶし」(1180円)は、とことん地元産にこだわっている。

男性客B:
もう3回目、リピーター。サラ~っとお茶漬けで食べられるのがクセになります

女性客:
薬味も種類によって味が変わる感じで、飽きずに食べられそう

男性客C:
味噌がきいているのか和風のからあげで、甘い感じですごく美味しい

販売から約2か月で、多い日には1日30食以上出る人気メニューになった。オーナーの男性は、「味だけでなく、清須でしか体験できない思い出も持って帰ってほしい」と話す。

(東海テレビ)