Live
プライムニュース『鈴置×真田が韓国分析 尹政権で日韓関係は? 元徴用工に新基金案が』【ライブ】
移住して2年…コンテストで何度も優勝の「ステーキ王」 人口1600人の島にもたらした変化【愛知発】
FNNピックアップ

移住して2年…コンテストで何度も優勝の「ステーキ王」 人口1600人の島にもたらした変化【愛知発】

コンテストで何度も優勝…人々の温かさに触れて島に移住したステーキ王

この記事の画像(18枚)

ステーキの焼き方を競うコンテストで、何度も優勝した経験を持つ27歳の男性。
たまたま旅で訪れた島の人々の温かさに触れ、2020年に愛知・南知多町の篠島に移住した。移住してから2年、漁を手伝うなど地元の人たちにすっかり溶け込んだ男性は、今では新たに移住して来た若者たちの見本となっている。

愛知・南知多町の師崎漁港から船で10分の人口約1600人の離島・篠島。ステーキの焼き方を競い合う大会で幾度も優勝している日本チャンピオンの東大介さん(25)は、その腕前を生かして、この島でステーキを焼いている。

東大介さん:
島に来たら面白い人ばっかりで、島でステーキやハンバーガーを販売してほしいと言われて…

たまたま旅で訪れたこの島で人々の温かさに触れた東さんは、島のために何かできることはないかと2020年4月に移住した。1日1組限定で、自慢のステーキを振舞いながら、合間を縫っては海で漁の手伝いもした。

漁師の新美大二郎さん:
どんくさいわ、肉焼くことしかようやらへんわ。(でも)なかなかいねえよ、こういうタイプは

厳しくも面倒見のいい地元漁師のもとで、東さんはステーキ以外のことにも挑戦。島に溶け込もうと奮闘してきた。

移住から2年で島に溶け込み…新たに移住して来た若者たちのお手本に

以前は調理機材を積んだトラックで移動しながらバーベキューを振る舞っていた東さんだが、現在は2021年11月にオープンした「デューテラス篠島」で働いている。

店内にはバーベキュー用のスペースもあり、ランチにはチャンピオンの腕前を生かした“赤身肉のステーキ”や、島で獲れた“新鮮な魚介類”も提供している。

東大介さん:
(魚を)さばけなかったんですけど、教えてもらって、まあまあです

このカフェで働くスタッフのほとんどは、埼玉や鳥取などの県外からの移住者だ。

札幌から移住してきた女性(33):
どこかに引っ越したいと。ちょうど(知人に)声かけていただいて。どういう所か分からないけど行こうって

若者たちとの会話を楽しみに、毎日島の人たちがやってくる。

埼玉から移住してきた男性(25):
似たような境遇の方がいるだけでも心強い。東さんは基本「ノー」を言わない人で、(島の人から)誘われたときにあまり断らないところは、島での関係性を築く上で勉強になる

東さんは、新たに移住して来た若者たちにとって“移住の先輩”としてお手本になっていた。

懇意になった漁師に可愛がられ…今ではすっかり島の人に

東さんが働くこのカフェは、漁のことを教えてくれた漁師の新美大二郎さん(39)が、東さんの才能を見込んでオープンさせた。

漁師の新美大二郎さん:
基本、肉しか焼けへんけど。でも魚がさばけるようになったり、ユンボも運転できるようになったり、女の子としゃべれるようになったり。あんまりしゃべれん子だもんで、頑張ってやってくれとる

新美さんは、東さんのことが可愛くてほっとけない。

たくさんの島の人と顔馴染みになった東さんは、今ではすっかり“島の人”だ。

島民の男性:
こんなにいらんなら、東にやればいいじゃん。エビ持ってく?

東大介さん:
いいんすか?ありがとうございます

こんな優しさも、島ならでは。ただ、喜んでばかりもいられない。

東大介さん:
人は少なめ、まん延防止が出たのでバーと雑貨屋は休んじゃってます…。寂しいけど、仕方がない

本来なら旬のフグなどを求め、日帰りの観光客がやって来る時期だが、島は閑散としていた。

得意のバーベキューもキャンセルになる日が増えているが、今は「アフターコロナ」に向けて準備しながら、我慢の時期を過ごしている。

「BBQを使って篠島のファンを増やしたい」…変わらない島を愛する思い

カフェの営業終了後に、東さんと新美さんは、篠島自慢のカキを使った春休みのイベントを考えていた。

東大介さん:
篠島のカキをみんなに知ってもらおうと。(去年は)コロナで中止に…。店もできたし、今年(2022年)はやろうと…

島の人の役に立ち、島の素晴らしさを広めたい気持ちは変わらない。

漁師の男性:
(東さんは)頑張っとるよ。島に馴染もうと消防団に入ったり…。若い子が来てくれるのはいいこと。そういう子には協力してやりたい

女性客:
少ない若い人たち。もっともっと、どんどん来て欲しい。とても嬉しいですよ

男性客:
島の人口も少ないし。いいんじゃないの、活性化して

東さんは、2022年1月に中古住宅を購入した。

東大介さん:
島で頑張ろうって気持ちで(購入)。篠島に来たときも住む家を用意してくれて、「飯はあるのか?」って色んな人に声かけてもらって、肉も色んな人が食べに来てくれて…

「得意のバーベキューで、篠島を好きになってくれる人を増やしていきたい」。島の人の温かさに触れて移住した東さんの思いは、2年経っても変わっていない。

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2117
愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
「バレエではウクライナもロシアも家族」キエフのダンサー達と交流ある日本のバレエ団代表

「バレエではウクライナもロシアも家族」キエフのダンサー達と交流ある日本のバレエ団代表"すごく心が痛い”

FNNピックアップの他の記事

九州北部豪雨から5年(3)  「ありがとう」父の最後の言葉は“感謝…

九州北部豪雨から5年(3) 「ありがとう」父の最後の言葉は“感謝…

都道府県
九州北部豪雨から5年(2)  「もう鉄道は戻ってこない」鉄路も寸断…

九州北部豪雨から5年(2) 「もう鉄道は戻ってこない」鉄路も寸断…

社会
九州北部豪雨から5年(1) 「帰るにも帰る土地がない」故郷が流さ…

九州北部豪雨から5年(1) 「帰るにも帰る土地がない」故郷が流さ…

社会
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」海軍司令官が沖縄戦中に送った電文 平和…

「沖縄県民斯ク戦ヘリ」海軍司令官が沖縄戦中に送った電文 平和…

都道府県
母校被災で“卒業式”かなわず…「地元でカフェ開きたい」高校生…

母校被災で“卒業式”かなわず…「地元でカフェ開きたい」高校生…

社会
大量焼却される「バナナ」からデニム 環境にも優しいユニーク素…

大量焼却される「バナナ」からデニム 環境にも優しいユニーク素…

都道府県
一覧ページへ
×