新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、岸田首相は自衛隊による大規模接種会場の視察後、記者団に対し、東京都への緊急事態宣言の発令について「少なくとも現時点においては、国としては検討していない」と述べた。

31日から始まった自衛隊によるワクチンの大規模接種会場の視察後、岸田首相は記者団の取材に応じた。

この中で、岸田首相は東京都への緊急事態宣言発令について「まん延防止等重点措置の効果を確認し、事態の推移を見た上で、自治体とも連携しながら、総合的に判断するのが国としての基本的な考え方だ」と述べた。

その上で、「少なくとも現時点において緊急事態宣言の発出は、国としては検討していない」と述べ、東京都への宣言発令を現時点では検討していない考えを示した。

大規模接種会場を視察する岸田首相
この記事の画像(2枚)
政治部
政治部


総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。

記事 1008