コロナ禍での出産で起きた予期せぬ事態に、お母さんと「小さな命」を助けようと、手を差し伸べた病院が困難に立ち向かった。

566グラムで生まれた「小さな命」…病院で過ごす7カ月間

この記事の画像(13枚)

お姉ちゃんと楽しそうに遊ぶ、生後9カ月の石井周(あまね)くん。

赤ちゃんは約3,000グラムの体重で生まれてくるのが一般的だと言われているが、周くんが生まれた時の体重は、わずか566グラム。予定日より3カ月早い出産で、小さく生まれた。

産後は通常、1週間前後で親子一緒に退院となるが、周くんは7カ月という長い期間を病院で過ごした。
小さく産んだことに、母・真紀子さんは複雑な思いを抱いたと言う。

石井真紀子さん:
自分はなんてことをしてしまったんだと。人一人の人生をダメにしてしまったみたいな。絶望しかなくて、そんな感じで過ごしていました

コロナ禍での面会謝絶…赤ちゃんとお母さんをつないだ「記録」

さらに追い打ちをかけたのが、新型コロナウイルス。入院する周くんの病棟では、面会が制限された。

広島市立広島市民病院 新生児科・前野誓子部長:
面会制限をさせてもらっているのがとても心苦しく思ったり、とはいっても、コロナを持ち込んではいけないという思いもあるので、ご両親にはいろいろな負担をかけてしまっていると思う

そこで病院は、赤ちゃんの日々の成長をお母さんに伝えようと、「記録ノート」を作った。
長期間の入院で会うことができない赤ちゃんとお母さんをつなぐもので、ノートには入院中にしか見られない周くんの様子が、写真とともにびっしりと綴られた。

さらに、周くんを近くに感じてもらおうと、看護師さんがビデオの撮影も。

看護師:
4月1日、今15時半です。泣いているので、動画を撮ってみました。まだか細いですが、元気に泣いています

石井真紀子さん:
看護師さんから「元気に泣いています」と聞いても、なかなか泣き声を聞くことができないけど、泣いている様子を撮ってくれていて、それはすごくうれしかったです。初めて声が聞けたというか

周くんが生まれて7カ月後、体重は3,200グラム。
自宅で生活できるようになったため、ようやく退院を迎えた。

石井真紀子さん:
本当にこの日が来るんだなあ、まさかこんな日が来るなんてという思いでした。普通の生活をしているだけなんですけど、それがやっぱりすごく幸せですね

困難を乗り越え…新しい命と過ごす「普通の生活」

この日は、周くんの健康診断。

広島市立広島市民病院 新生児科・前野誓子部長:
お薬はだいぶ減りましたね、急に。この調子でいいと思います

これには真紀子さんもひと安心。

コロナ禍での突然の早産。さまざまな困難を乗り越えた今、「新しい命」との日常をかみしめている。

石井真紀子さん:
会えない期間が長くて、そういう状況をふまえて今、毎日一緒に過ごせるのがすごく幸せで、ありがたいことだと思っています

(テレビ新広島)

テレビ新広島
テレビ新広島
メディア
記事 339