この記事の画像(21枚)

“藤井キラー”と呼ばれるも…2つのタイトルを失った豊島九段

2021年に3つのタイトル戦を争った、将棋の藤井聡太四冠と豊島将之九段。四冠を獲得した藤井四冠と保持していた2つのタイトルを失った豊島九段に、2022年にかける思いを聞いた。

愛知県一宮市出身のプロ棋士・豊島将之九段(31)は、2022年の年明け早々、地元の将棋イベントに出席。どんな相手でも丁寧にやさしく指導した。

トップ棋士となった今でも、地元でのイベントは一度も断ったことがない。そんな豊島九段には、2022年ある変化が…。

地元の男性ファン:
今まで殺気立ってたけど、人間的な味があるなと。一皮むけたと思う、負けて

豊島将之九段:
去年(2021年)は、あまり結果は出せなかったけど…。いいところもありましたけど、全体的には勝率も悪かったですし。実力をつけないといけないなと感じさせられた一年でした

16歳という若さでプロ入りした豊島九段。将来を嘱望されていたが、初タイトルは28歳。5回目の挑戦だった。2019年には竜王と名人を同時に獲得した。

藤井四冠には、公式戦6連勝。唯一の壁、“藤井キラー”とも呼ばれ、日本中が2人の対局に注目した。

そして始まった、2021年の両者による「王位戦」「叡王戦」「竜王戦」のトリプルタイトル戦。しかし…。

豊島将之九段(王位戦第五局):
負けました

藤井四冠の保持する王位のタイトルに挑戦したが、1勝4敗で奪取ならず。

豊島将之九段:
競ったスコアにできなかったので、楽しみにして下さっていた方に申し訳なく思っています

2021年9月に行われた叡王戦では、2勝2敗とフルセットに持ち込んだが、藤井四冠の勝利。叡王のタイトルを奪われた。

さらに、2021年11月に行われた将棋界最高峰・竜王のタイトル戦では、まさかのストレート負けでタイトルをすべて失ってしまった。

豊島将之九段(竜王戦対局後)​:
王位戦や叡王戦もあわせて実力不足を痛感したので、実力をつけないといけない

19歳3カ月の史上最年少で四冠達成 大躍進を遂げた藤井四冠

一方で、愛知県瀬戸市出身の藤井聡太四冠は、19歳3カ月の史上最年少で四冠を達成し、大躍進を遂げた。

藤井聡太四冠(新春会見):
2つのタイトルを獲得することができて、大きな舞台をたくさん経験できて。非常に充実した一年だった

かつて豊島九段に連敗していた藤井四冠が、なぜ強くなったのか。師匠の杉本昌隆八段(53)は、「高校を自主退学したことで、将棋の研究に多くの時間を費やせるようになったのが大きい」と分析する。

杉本昌隆八段:
唯一のウイークポイントは序盤戦術、センス・感性だったので、そこで豊島さんをはじめ他のトップ棋士に追いつけたのが大きい。それがこの1年ぐらいで変わってきたところ

学業を終え将棋の道を突き進む藤井四冠は、2022年に20歳になる。1月3日に行われた一門会では、最後となるお年玉を受け取った。

藤井聡太四冠:
キノコは以前より食べられるようになってきたかも…。成人になるといって、将棋の向き合い方は変わることはない。(一人暮らしは)現時点では考えていないです。しばらくは愛知を拠点にやっていくと思います

豊島九段は弟子を取り再スタート「また活躍したい」

豊島九段は、竜王戦後の2021年11月に行われた将棋日本シリーズで藤井四冠に勝利。一矢報いて一年を終えている。

豊島将之九段:
これをきっかけに「実力差を埋めていかないと」という気持ちが強いので、諦めない姿勢を示せたのは良かった

豊島九段は2022年、弟子を取ることに。岐阜市出身の高校1年生、岩佐美帆子さん(16)だ。岩佐さんにとって豊島九段は憧れの棋士。2021年12月に女流2級になる資格を得た岩佐さんは、一宮の支援者を通じて弟子入りを申し入れた。

岩佐美帆子さん:
小学校のころから指導対局などで指導していただいていたので、豊島先生が憧れの先生と伝えました

数年前から同年代の棋士が弟子を取るようになっており、豊島九段にも心境の変化があったといいう。

豊島将之九段:
自分の期待を押し付けてはいけない。本人も強くなって活躍したいと言っているので、それを目指してほしいと思いますし、ところどころでプラスになればと思います

岩佐美帆子さん:
一つ一つ丁寧に指して全力で取り組みたいですし、活躍できるような女流棋士になりたいと思っています

豊島将之九段:
これまでも自分の中でいいと思うことをやってきたので、これからも試行錯誤して、その中でいいものを見つけて実力を上げたい

「時間はかかるかもしれないが、また活躍したい」と話す豊島九段。2022年は師匠として、今度は挑戦者として、藤井四冠に挑む。

藤井四冠は、新たなタイトル「王将」の獲得がかかった渡辺明王将との戦いで、2022年の初戦を勝利で飾ったばかり。今後は大阪・栃木・東京などをめぐり、3月26日・27日の最終局は新潟県の佐渡島で戦う。

師匠の杉本八段は、王将戦の行方を「渡辺王将は戦略家で2日制の将棋が得意。相手に真正面から戦う藤井四冠に対し、渡辺王将は対策を練ってくるので激戦になるのでは」と予想している。

(東海テレビ)