2021年4月、大阪・道頓堀の飲食店が店先に置いていたカニのオブジェが、若者2人によって壊された。
あれから8カ月、若者2人がいたのは、この飲食店。自らの行いを反省し、アルバイトをしていた。
今もなお続く、被害者と加害者の交流を取材した。

飛び蹴りに引き倒し…若者2人がカニオブジェ破壊

2021年4月。明け方の大阪・ミナミ。2人の男が飲食店の前に置いてあるカニのオブジェに近づき、何やら物色し始めた。
すると突然、1人がオブジェに飛び蹴り。挙句の果てにはオブジェを引き倒し、そのまま逃走した。

この記事の画像(10枚)

大阪かに源武田源社長(当時):
みんなが協力して、何とかこの局面(コロナ)を乗り越えないといけないわけじゃないですか。それをね。足をひっぱる。そういう行為はやめてほしい

この社長の姿をニュースで見た2人は、3日後に社長のもとを訪ね、土下座して謝罪。弁償金を支払い、社長は警察への被害届を取り下げた。

あれから8カ月…若者2人は社長のもとに

あれから8カ月。オブジェは変わらず、壊れたままだ。

被害にあった飲食店を訪ねると、社長とともに現れたのはオブジェを壊した張本人。被害者と加害者の交流が、今も続いていたのである。

大阪かに源武田源社長:
壊した後、報道がいっぱい流れた時はどんな心境でしたか?

カニオブジェを壊した人:
我に返りました、とんでもないことをしている

なぜあんなことをしてしまったのか、改めて聞いた。

カニオブジェを壊したAさん(21):
自分自身もコロナで仕事(を解雇され)うまくいっていなくて、お酒を飲んでストレスが溜まっていたので、やってしまったというのはあります

2人は、社長が経営する店でのアルバイトを申し出た。別の仕事をするかたわら、店の人手不足を埋めようと12月から働き始めた。

(Q.仕事には慣れた?)
カニオブジェを壊したBさん(23):
結構覚えてきました。中(厨房)のお手伝いもさせてもらって、ホールの方も手伝わせていただきました。自分自身も人の役に立ちたいというのがあるので、お手伝いできる日は積極的に手伝おうと思っています

騒動の後は毎週のように教会に

2人は騒動の後、大阪市内にある教会に毎週のように通っていたという。

カニオブジェを壊したBさん(23):
(教会に)来るたび来るたび思い出すんで。申し訳ないという気持ちを忘れずに

1月に完成予定の新しいオブジェのデザインも2人が考えた。自動でカニの爪が動く。

カニオブジェを壊したBさん(23):
すごく成長できたんじゃないかと思う1年になると思います

カニオブジェを壊したAさん(21):
迷惑かけてしまったので、お手伝いさせてもらえてすごく感謝してます

大阪かに源武田源社長:
彼らを見て僕自身もたくさんのことを学ぶこともできたし、また発見もできたし。そう考えればすべてのことに感謝ですね

(関西テレビ「報道ランナー」2021年12月27日放送)