春から秋田犬警察官として活動している秋田犬の梅子。
梅子には離れて暮らす兄弟がいる。
先日、その兄が秋田を訪れ、梅子と久しぶりの再会を果たした。
2頭の成長ぶりや再会の様子を取材した。

SNSで話題 秋田犬の梅子

2021年3月、レジ打ちをしているように見える動画が、SNSで130万回以上再生されて話題となった秋田犬の梅子。

この記事の画像(9枚)

秋田・小坂町にある酒屋の看板犬は瞬く間に人気者となり、2021年春には県警から「秋田犬警察官」の任命を受け、巡査長への昇格も果たした。

一躍有名となり、忙しい日々を過ごす梅子だが、生まれたばかりのころはというと、兄弟たちとのんびり過ごしていた。
たくさんいる兄弟の中で、同じ日に生まれたのが虎毛のタロと白毛のペペケオ・通称ペペ。

2020年の秋、タロとペペは、それぞれ県外の新しい飼い主のもとへ旅立っていった。
このうちペペは、熊本県の阿蘇山の麓にある日本文化の体験施設に引き取られた。
熊本で野生動物を追い払うための番犬をしていたペペが、先日、秋田を離れてから初めて故郷に帰ってくることになった。

兄弟のペペと久しぶりの再会

大館市の待ち合わせ場所には、梅子をはじめ、ペペの親せきも集まった。

梅子の飼い主・高橋延枝さん:
LINEでは成長の過程を知ってましたけど、初めて会うのでどういうふうに吠えるのかとか、向こうの体はどのくらい大きくなっているかなとか、それが楽しみでワクワクしている

そして再会のとき…

梅子の飼い主・高橋延枝さん:
おい、兄弟だよ、ペペ来たって。似てるー、そっくり

離れ離れになってから1年以上が経ち、ペペは梅子より一回りも大きく成長していた。
ペペは少し警戒する様子もみせたが、ピンクの鼻や、真っ白な毛並みは梅子とそっくり。

梅子の飼い主・高橋延枝さん:
普通に受け入れていたというか、ペペ君にワンってやられていなかったら、近付いていたのかなって思う。似ているって聞いていたけど、本当にそっくりでうれしい

また、2頭の育ての親であるブリーダーの羽沢麻美さんも、久しぶりの再会に感激していた。

羽沢麻美さん:
梅子はしょっちゅう会っているが、ペペは立派。実際に会うと素晴らしい犬になっていました。いや梅子は可愛いよ、女の子らしくて

(Q.家族総出みたいだったが?)
羽沢麻美さん:
すべてではないけど、近所に住んでいる人がみんな集まってくれた。
うれしい。圧巻です

またこの日は、ペペを引き取った熊本の施設の関係者に、新たに雌の秋田犬・モアナが引き渡された。

鳴鳳堂・蘇慶代表:
熊本で子孫を作れるように、貴重な犬を保存できるようにしたい

秋田と熊本、それぞれの場所で地元の人に愛されている梅子とペペ。
秋田犬を通じた交流はこれからも続く。

(秋田テレビ)

秋田テレビ
秋田テレビ
記事 222