辻希美さんと結婚15年目で4人の子供のパパ・杉浦太陽さんの愛に溢れた“3秒ルール”が話題だ。

妻から頼まれたら“3秒以内”に実行

杉浦さんのある発言が今絶大な支持を受けている。

杉浦太陽さん:
妻に頼まれたなら3秒以内に動くべき。妻から「ゴミ捨てて〜」とか「お風呂を入れて〜」とか「料理手伝って〜」とか頼み事を結構聞く。

この記事の画像(10枚)

11月16日に出演したテレビ番組で、辻さんからの頼まれごとは“3秒以内”に実行すると明かした。

結婚3年目・20代男性:
すごいっすね…!


称賛の声があがる「3秒ルール」。街で頼まれる側に話を聞いた。

結婚20年以上・50代男性:
10分ぐらいじゃないですか。3秒はありえない。言われたからすぐ動くっていうのもどうかな。

結婚半年・20代男性:
洗濯物を持ってとか、そういうのは面倒くさいと思っちゃう。2回頼まれたらやる。


3秒ルールに「信じられない」と声を上げる皆さんの日常はどうなのだろうか。

たとえば…

妻:
ちょっとあなた、ゴミ捨てお願い。

夫:
今マンガいいところだから無理。あとでやっておくよ。

妻:
あなた、お風呂にお湯張っておいてー

夫:
後でやっておくね。

こうした夫婦のやりとりに杉浦さんは、

杉浦太陽さん:
「あとでやるわ」って言うのが一番やったらアカンこと。頼られているから動くし、マンガの一番泣けるシーンでも「たぁくん」って言われたら「何?」って行く。お互いにフットワーク軽いです。

お願いされても動くのは“15分後”

そこで、調査した。
「あなたの頼み事、すぐに動いてくれますか?」

結婚4年目・30代女性:
「あとでやる」が次の日とか全然ある。
いつやるのかな?いつやるのかな?いつやるのかなと思いながら、やられないままもある。

結婚4年目・40代女性:
(頼み事をしても)返事が聞いてなかった?聞こえてない?という感じ。

ーーお願いするときのコツは?

結婚4年目・40代女性:
偉そうに言わずに「ちょっとこれやってほしいな」

結婚10年以上・40代女性:
ちょっと機嫌をよくして。ケンカになってしまうとお互い疲れる。

家のことにも関わらず、“話し方”に工夫をしなければいけないとの声もあった。

その一方で、頼まれる側の言い分もあるようだ。

結婚4年目・40代男性:
(妻は)LINEは優しいけど口調が厳しい。妻が求めるようには動けない。何から手をつけていいのか…。動く意思はある。

結婚1年目・20代男性:
ゴミ捨てや雑用。僕が本当にやるべきことなのか、しっかり精査した上で動く。15分後くらい。どんないいことが待っているのかとか、お礼はしっかりあった方がいい。

「夫婦それぞれ文化が違う」

石本沙織キャスター:
リアルな声がいっぱい出てきますね。男性にとってはちょっと耳の痛い話なのかもしれません。
改めて、杉浦太陽さんの夫婦円満ルールです。
「妻に頼まれたなら3秒以内に動くべき」

私結婚8年目で旦那さんは結構やってくれる方ですけど、3秒はさすがにないですね。これはすごいですね。結婚43年目の住田さん、旦那さんはどうでしょうか?

住田裕子弁護士:
頼みごとなんてすぐやってもらうの、期待する方が無理ですよ。
しかも後で、やってもらったら褒め称える「ありがとうございました」って。

加藤綾子キャスター:
感謝するってことですか?

住田裕子弁護士:
他人行儀だけど、夫婦もやっぱり他人なんですよ。

加藤綾子キャスター:
「感謝」ってメモメモ。

石本沙織キャスター:
確かに頼み方は結構大事ですよね。「あ、なんか段ボールたまってるな」これはダメですね。「ゴミ溜まってるな、ゴミ袋換えなきゃな」これではやってくれないんですよ。「ゴミ袋溜まってるから、ちょっと換えてくれるかな?やってくれたら嬉しいな」ここまでですね。

加藤綾子キャスター:
全部言わないといけないということですか!

住田裕子弁護士:
私は「重いからお願い」ですね。

加藤綾子キャスター:
私が結婚したときに、住田さんから言っていただいたアドバイスですごく印象に残ってるのは「いい、夫婦生活も“外交交渉”よ。わかってもらって当然なんて思っちゃダメよ、外交交渉よ」って。

石本沙織キャスター:
そこまで考えなきゃダメですか?

住田裕子弁護士:
夫婦それぞれ文化が違うんだから、一緒にやるなんて、同じ考え方ってありえないですからね。そう思いながらもお願いベースで、やはり長くやってると若いときはねやっぱり期待しちゃうんだけど、諦めが肝心ってときもありますからね。

加藤綾子キャスター:
その方が変にイライラとかしないですよね。

石本沙織キャスター:
あくまで夫婦は他人である。“外交交渉”であるというのを皆さん肝に銘じてください。

(「イット!」11月17日放送より)

イット!
イット!
メディア
記事 1656