映画「ミュジコフィリア」の東京プレミアが10月28日 都内で行われ、長編映画初主演の井之脇海(25)さんと、松本穂香(24)さん、川添野愛(26)さん、谷口正晃監督が登壇した。

朝ドラでの出演が初共演となった井之脇さんと松本さん。インタビューでは二度目の共演について話してくれた。

「ミュジコフィリア」東京プレミア上映記念舞台挨拶 東京・TOHOシネマズ日比谷
この記事の画像(13枚)

映画「ミュジコフィリア」は、さそうあきらさんの人気コミックが原作。

©2021 musicophilia film partners ©さそうあきら/双葉社

父と兄へのコンプレックスから音楽を憎んできた主人公が、京都の芸術大学でのさまざまな出会いによって音楽の才能を開花させていく物語。

©2021 musicophilia film partners ©さそうあきら/双葉社

主人公・漆原朔を長編映画初主演となる井之脇 海さん、朔に想いを寄せるヒロイン・浪花を松本穂香さんが演じる。

©2021 musicophilia film partners ©さそうあきら/双葉社

(めざましテレビインタビューへ続く)

現場では“グチ8割” 松本穂香は“山友”候補?

イベントを終えた井之脇さんと松本さんへ、めざましテレビがインタビューを行った。

井之脇さんと松本さんは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で初共演をしているが、当時はあまり親しく話ができなかったため、今回はしっかりとコミュニケーションをとるようにしたという。

鈴木唯アナウンサー:
ちなみに、(現場で)どんなことをお話しされたんですか?

井之脇 海:
結局あの~まあ、お話はしたんですけど…

言葉を濁す井之脇海さん

松本穂香:
やっぱり撮影大変だったので…グチとか…(笑)

松本穂香さん

井之脇 海:
結構、グチ8割ぐらいだったかもしれない(笑)

「そんなに…」と驚く鈴木アナ。松本さんも「たぶん(不満が)たまってたのかもしれないね」と優しくフォロー。

井之脇 海:
ある種、信頼関係があったのかなっていうことで…

一方、松本さんは、井之脇さんが「山の印象」になったと話してくれた。

鈴木唯アナウンサー:
山の印象ってなんですか?

松本穂香:
山登りがすごく好きだって話をしてて…

井之脇 海:
なかなか20代の役者さんで「山に行きたい」って言ってくれる人がいなくて。でもさっき(松本が)山に行きたいって言ってくれたんですよ。なんか嬉しくて(笑)「山友見つけた!」と思ったら「行きましょう!」みたいな感じになっちゃって…。ちょっと恥ずかしいですね

笑顔を隠せない井之脇海さん

鈴木唯アナウンサー:
表情がパッと明るくなりました。すごく山が好きなのが伝わりました

井之脇海の前世に何が…?視覚的・聴覚的にニガテなこと

井之脇さん演じる本作の主人公は「現代音楽」によってさまざまな出会いを経験する。
楽器ではないものを使って音を奏でるシーンもある。

鈴木唯アナウンサー:
お二人が日常生活の中で好きな音、嫌いな音を教えてください

井之脇海:
僕は雨の音が結構好きで。しとしと降る雨も、ザーザー降る雨も、色んな表情が雨の音にはあるなと思っていて。結構、雨の日でも憂鬱(ゆううつ)な気分にならずに、部屋で本を読むのに最適なBGMとして…

感性豊かなすてきな回答。「その感性私も持ちたかった…」とうらやましがる鈴木唯アナに爆笑する2人。

一方、松本さんの好きな音は?

松本穂香:
お肉の焼ける音とか…。みんな大好きですよね

鈴木唯アナウンサー:
たまらない音ですよね。逆に嫌いな音は?

井之脇海:
あまり混ぜる音が…たぶん好きじゃなくて。絵の具と絵の具をこう混ぜるとか、それは視覚的にもなんですけど、聴覚的にもあまり好きじゃなくて。ビビンバとか(混ぜずに)上と下をすくってキレイに食べたり

ビビンバは混ぜない派

松本穂香:
混ぜられない?

井之脇海:
混ぜられないんですよ。だから先輩とかと焼肉に行った時、後輩なんでビビンバ混ぜなきゃいけないじゃないですか…。こうやって(顔をそむけて)やります!

鈴木唯アナウンサー:
ぐちゃぐちゃなものが嫌い?

井之脇海:
そうなんです。音もそうで

視覚的・聴覚的にも「混ぜる」ことが苦手な井之脇さんに対し、不思議がる松本さん。
原因について思いついたのは…

松本穂香:
あるのかな?前世とかに…

井之脇海:
なんかね、祖先がぐちゃぐちゃにされて大変なことになったのかもしれない…(笑)

(めざましテレビ 10月27日放送分より)