思いつきの冗談とは言わせない…便器の形は“3D技術”で完全再現!

この記事の画像(8枚)

焼き物の街、愛知・常滑市で「まさかの和菓子」が、売り切れ続出の大ヒットだ。

愛知・常滑市にある老舗和菓子店で今人気なのが、なんと便器の形をした最中。

皮はもち米のみで作られ、便器の形になっている。便座をあげて、中に北海道産の小豆で作った「粒あん」をたっぷりと入れていただくと…

リポート:
すごくおいしいです。見た目がアレなんでちょっと躊躇するんですけど、最中がサクサクであんがたっぷりで。すごくおいしい最中です

その名も「トイレの最中(さいちゅう)」324円。もはや遊び心旺盛という言葉では済まない商品。
しかし、この日用意した150個は午前中で完売した。

便器の形をした和菓子が生まれた理由について、店主の稲葉さんは…

稲葉さん:
(常滑は)衛生陶器が重要な焼き物じゃないですか、そのお菓子を作りたいと。「あんことうんこって似てると思いません?うんこのかわりにあんこ入れる和菓子を作ってみたいんです」と言って。(INAXの当時の会長が)大笑いされて「ぜひともやりたまえ」と

常滑市といえば、戦後から便器など衛生陶器を作っている一大産地。

そこで稲葉さんは「トイレ型の最中」を15年前に考案。
しかし、見た目のイメージからクレームが殺到することを恐れ、いざ実行の段階で勇気が出なかった。

そんな中、転機が…

稲葉さん:
「LIXIL榎戸工場の工場見学に来た人に配るお土産を作りたいんだけど、そういうものってないですかね」と言われたんで

生産工場から依頼があったこと、そして「世間がこの手の話題に寛容になった」とみた稲葉さんは、2021年 念願の商品化に着手。構想から15年、ついにトイレ型和菓子が誕生した。

ちなみに工場で作っている便器をモデルに、3D技術を駆使して寸分たがわず再現している。

7月に工場見学のお土産として渡し始めて大好評。8月にはINAXライブミュージアムの土産店で販売。

9月には製造した和菓子店でも売り始め、いずれも連日完売の大人気に。

すでに2万個近くのトイレ型最中がお客さんに納品された。便器で常滑が湧いている。

(東海テレビ)