次の駐日アメリカ大使に指名されているラーム・エマニュエル前シカゴ市長が10月20日、公聴会に臨み、日米同盟の絆を強化し中国に対抗する必要性を強調した。

ラーム・エマニュエル前シカゴ市長:
「中国は分断による制圧を目指している、アメリカの戦略は結束による安全保障であり、それは日米同盟にかかっている」

エマニュエル氏はこのように述べ、日米同盟の重要性を強調するとともに、中国による台湾への軍事圧力を非難した。
駐日大使は戦後最長の2年以上も空席となっており、野党・共和党の立場である前駐日大使のハガティ上院議員も「速やかに人事承認するべきだ」と述べている。

国際取材部
国際取材部

世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。

記事 447