カンガルーの赤ちゃんに起きたハプニングと、その後の心温まる光景が話題となっている。

そのときの様子が、静岡県にある富士サファリパークの公式Twitterアカウント(@fuji_safari1980)に動画として投稿されている。映っているのは数頭のアカカンガルーの姿。そのうちの1頭のカンガルーは母親で、お腹のポケット(袋)から赤ちゃんの小さな顔と脚がひょっこり飛び出している。

数頭のカンガルーと共にいる母親カンガルー
この記事の画像(12枚)

その母親カンガルーが飛び跳ねて移動をした次の瞬間。赤ちゃんがポケットから転げ落ちてしまったのだ。

勢いよく転げ落ちてしまった!

その様子にすぐに反応したのは、近くにいたオスカンガルーたち。すぐさま駆け寄り、鼻先で優しくよしよしと撫でてあげている。「痛かった?」と話しかけているようにも見える。

駆け寄ったオスカンガルー

このハプニングとその後の心温まる様子にはTwitterでも「素敵な大人に囲まれて幸せですね」「心温まる光景に涙腺崩壊」とオスカンガルーたちの行動に感動したコメントが多く寄せられ、2万4000のいいねがつき、動画再生数は28万を超える話題となっている(9月30日時点)。

ハプニング発生
突然走りだしたお母さんカンガルーのポケットから、転げ落ちる赤ちゃん!!それを見ていたオスたちが、ササッと近寄り、#よしよし してあげていました

#赤ちゃんに怪我はありませんでした
#アカカンガルー #富士サファリパーク

ちなみに富士サファリパークによると、転げ落ちた赤ちゃんカンガルーに怪我はなく、数分後に母親が迎えに来てくれたのだそう。

顔を出し始めたばかりの赤ちゃん

母親のお腹のポケットからひょっこり顔を出す様子が愛くるしい赤ちゃんカンガルーだが、そもそも今回のように、ポケットから転げ落ちてしまうことはよくあるのだろうか?

そして、転げ落ちた様子を見て、すぐさま反応したオスカンガルーだが、オスは普段から子育てに参加しているのだろうか?

気になった点を富士サファリパーク・広報担当の今井啓介さんに教えてもらった。

ーー動画の親子カンガルーについて教えて。

名前につきましては、園の方針で非公表としています。申し訳ございません。年齢は母親が3歳、赤ちゃんは0歳のメス(9月中旬初顔だし)です。

赤ちゃんカンガルーは袋から顔を出し始めたタイミングです。今後は袋から出たり入ったりをしながら、約1カ月半後ぐらいには完全に袋から出て生活をします。まだ最近顔を出し始めたばかりなので、飼育員でも性格がわかっていません。

落ちてしまった赤ちゃんカンガルーと母親

ーー駆け寄ってきたのは父親カンガルーなの?

アカカンガルーは群れで飼育をしているため、映像のオスが父親かは断定できていません。そのため、どちらかが父親の可能性もあります。近づいてきたオスたちは、好奇心旺盛で、面倒見の良い性格だそうです。


ーーちなみに、母親カンガルーはどこに行っていたの?

動画には写っていませんが、すぐ近くで様子を伺っていました。少しすると戻ってきて、赤ちゃんも袋へと戻っていきました。

投稿動画の後 母親と合流しポケットに戻っていく様子

「落ちたところはあまり見たことがありません」

ーー赤ちゃんカンガルーがポケットから落ちることはよくあることなの?

落ちたところはあまり見たことがありませんので、滅多にないことです。


ーー普段からオスは積極的に子育てに参加するの?

オスが子育てをすることはあまりないと思います。今回のオスたちは、突然目の前に赤ちゃんが現れたので、興味本位で近づいてきたのだと思います。

何をしていたかは正確にはわかりませんが、興味を持ち観察していることもありますし、匂いを嗅いでいたのかもしれません。

投稿動画のその後 2頭のオスと赤ちゃんカンガルー。確かに匂いを嗅いでいるよう

ーーアカカンガルーたちのハプニングからの心温まる様子を見て、飼育員はどう思った?

赤ちゃんが突然落ちてしまったので大変驚きました。オスが近づいてきた時は攻撃される可能性もゼロではないので心配しましたが、優しく面倒をみてくれたので安心しました。その後、母親も戻ってきて袋の中に戻り、翌日も元気いっぱいだったので、今後もスクスクと成長してほしいです。


ーー動画が話題になっているが、それに対してはどう?

こんなに反響があり驚いています。動物の心温まる映像を見て、みなさまにもほっこりしていただければと思います。

ポケットからひょっこり顔をのぞかせる赤ちゃんカンガルー

現在、富士サファリパークはアカカンガルーを44頭飼育しており、そのうち2頭が赤ちゃん。1頭は今回の動画の子で、もう1頭はポケットから出ている時間がほとんどなのだそう。

個体差もあるが、赤ちゃんカンガルーは生後約半年で初めて顔を出し、1カ月半~2カ月ほどで、完全にポケットから出てくるようになることが多いという。今回の動画は飼育員でも驚く、短い期間中の希少な瞬間だったようだ。

なお富士サファリパークは新型コロナウイルスの感染対策として、9時~15時と通常より短縮して開園している(11月からは10~14時)。ポケットから顔をのぞかせる、かわいらしい赤ちゃんカンガルーの姿を見たい人は、最新の情報を公式HPで確認してから来園してほしい。