エリア制限や“認証店”等対応は様々…「宣言解除」で東海3県の飲食店の制限こう変わる 条件付きで優遇も
感染拡大… 新型コロナウイルス

エリア制限や“認証店”等対応は様々…「宣言解除」で東海3県の飲食店の制限こう変わる 条件付きで優遇も

「宣言」解除後…東海3県それぞれの「時短要請」「酒類提供」の対応は?

9月28日午後、政府は緊急事態宣言とまん延防止措置の全面解除を正式決定した。
「宣言」が出ていた東海3県も約1カ月ぶりの解除となるが、東海3県の飲食店ではどのような変化があるのか取材した。

この記事の画像(5枚)

「宣言」の解除で、法律に基づく時短命令などはなくなるが、解除後も各都道府県の知事の判断で、時短要請や酒提供休止を要請できる。

宣言中、東海3県ではすべての飲食店で午後8時までの時短営業と酒の提供の終日停止を求めていた。

愛知県では宣言解除後、県独自の「厳重警戒措置」に切り替わりる。10月1日から17日まで、県内全域で酒の提供は午後7時半までに限り可能に。午後8時までの時短要請は継続する。

これが優遇されるケースとして、感染対策を講じていると県が認証した店「ニューあいちスタンダード」、通称「あいスタ認証」を受けている店では、営業時間は午後9時まで、酒の提供は午後8時まで認められる。
愛知県はエリアごとの制限ではなく、「あいスタ認証」での区別となる。

岐阜県では、酒の提供はできるが、エリアによって制限が継続される。
岐阜市・大垣市・各務原市など愛知県に近い8の市町では、午後9時までの時短を要請。酒の提供時間も午後8時までと制限がかかる。一定の感染対策をとっていることが条件。
期間は解除後の10月1日から14日まで。

三重県は県内全域で酒の提供はできるが、津市・四日市市・鈴鹿市・亀山市では、午後8時までの時短を要請。
県の認証制度「あんしんみえリア」で感染対策が講じられていると認められた飲食店では、営業時間が午後9時までに優遇される。

三重県は「認証店」と「エリア」で制限され、東海3県で異なる対応だ。

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

感染拡大… 新型コロナウイルスの他の記事

【独自】東京都・新型コロナ感染状況の警戒度を上から2番目に引…

【独自】東京都・新型コロナ感染状況の警戒度を上から2番目に引…

社会
【新型コロナ】東京都で1517人感染確認 先週月曜より441人増加…

【新型コロナ】東京都で1517人感染確認 先週月曜より441人増加…

社会
新型コロナ 全国で新たに1万3227人感染 都の感染者 微増傾向

新型コロナ 全国で新たに1万3227人感染 都の感染者 微増傾向

社会
【速報】新型コロナ 東京都で2181人感染確認  先週金曜より585人…

【速報】新型コロナ 東京都で2181人感染確認 先週金曜より585人…

社会
「全身が鉛で押しつぶされるよう…」謎多き“コロナ後遺症” 「…

「全身が鉛で押しつぶされるよう…」謎多き“コロナ後遺症” 「…

都道府県
【速報】新型コロナ 東京都で1076人の感染確認 月曜日として6週…

【速報】新型コロナ 東京都で1076人の感染確認 月曜日として6週…

社会
一覧ページへ
×