海上保安庁によると、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが2発発射された。
この飛翔体は、2発とも日本海の排他的経済水域の外に落下したものとみられる。

海上保安庁は「船舶は今後の情報に留意するとともに、落下物を認めた場合は近づくことなく、関連情報を通報して下さい」としている。