まるで人間のような仕草を見せるレッサーパンダがTwitterに投稿され、話題となっている。

りんご一緒にたべる?

このコメントと共にTwitterに投稿されたのは、レッサーパンダのリーファちゃん(3)がりんごの切れ端を持って立っている画像。視線がカメラにしっかり向いていることあり、たしかに「一緒に食べる?」と言われているかのように思ってしまいそうだ。

なおこのリーファちゃんだが、1年前に編集部で体重計の上で“直立するレッサーパンダ”として紹介したことがある。

(参考記事:本当に着ぐるみじゃない? 背筋をピーンと直立するレッサーパンダが可愛い

この頃からリーファちゃんが体重計の上でじっと立っていることができると、飼育員が体重測定の終了後にリンゴをあげていた。すると、リンゴが貰えることを覚えて立ち上がった状態でいるようになったという。

「りんご食べる?」と言われているような気分に…
この記事の画像(5枚)

Twitterに投稿したのは、レッサーパンダを飼育している「豊橋総合動植物公園」(@non_hoi_park)。

そんな人間味あふれるレッサーパンダについてTwitterでは「背中を確認させて下さい。ファスナーがあるはず」「いやぁ 可愛すぎるりんご 一緒に食べたいです」などの声があり、約1万5000件のリツイート、約5万6000件のいいねがつくなど、話題となっている。(9月8日現在)

前回の直立するだけの姿も可愛らしかったが、今回はさらに人間らしい仕草だ。いったい、どのような状況で撮影されたのだろうか?

豊橋総合動植物公園の担当者にお話を伺った。

りんごはこの後、自分で食べました

ーー状況を改めて教えて

体重測定は1~2週間に1回程度で行っていましたが、毎回、立ち上がる様子が見られました。Twitterの画像は、最近取り組み始めた今後の出産に向けた健康管理を目的としたトレーニングの際に撮影したものです。りんごはこの後、自分で食べました。

他の個体では前肢を台の上に乗せて、立たせた状態にしてお腹まわりの測定や触診などが出来るように毎日トレーニングを行います。リーファは台がなくても起立した状態をキープできるため、後肢で立った状態で行っています。

トレーニング終了後にリンゴを渡すと、立った状態で前肢でつかみながら食べます。1分程立っていることは出来ます。

リーファちゃん

ーー最初に見たときどう思った?

レッサーパンダは立ちあがることは普通にあることなので特に驚きはなかったです。しかし、個体差があります。長い時間立つことが出来るものもいれば、あまり立つことが得意ではない個体もいます。


ーー生態を教えて

シセンレッサーパンダという種類でインド北部~中国などの標高の高い森林や竹林に生息していおり、後肢だけで立ち上がることが出来ます。

基本的には単独で行動し、繁殖期のみオスとメスがペアを形成します。前肢の種子骨が指の様な突起に変化しており、他の指と向かい合っているので物を掴むことができます。

リーファちゃん

性格は神経質で臆病

ーーリーファちゃんはどんな性格?

神経質で臆病な性格です。


ーー他のレッサーパンダもこんな仕草を見せるの?

当園のもう一頭飼育しているレッサーパンダ(オス)ショウショウはこの様な行動は取りません。


ーー反響についてどう思う?

たくさん反響あったことは嬉しいですが、レッサーパンダが立つことは普通のことなので、レッサーパンダの習性が正しく理解されれば良いなと思いました。

リーファちゃん

担当者によると、レッサーパンダが立つことは普通だが、今回のリンゴを持ちながら「一緒に食べる?」と言っているように見える仕草は偶然だったようだ。今回の写真ではリンゴをくれそうな雰囲気はあるものの、この後自分で食べたということだった。

豊橋総合動植物公園は現在、感染対策を徹底しながら9:00から16:30(入園は16:00)で営業している。

【関連記事】
「散歩行きませんか」“紳士的な立ち姿”で誘うプードルがかわいい…この後行ったの?飼い主に聞いた
「ラッコって立てるんだ」激しくウォーキングをする動画が話題…鳥羽水族館に聞いた