甘辛い香味だれでご飯が進む…鶏肉を袋に入れてレンジで加熱するだけ

時短で簡単においしい料理が作れる調理アイテムが話題だ。
専用のパウチにお肉を入れて電子レンジでチンするだけで、本格的なふっくらチキンになるキッコーマンの商品。
どのくらい簡単においしく作れるか、4人の子供がいる主婦と調理した。

この記事の画像(8枚)

2021年2月に発売されたキッコーマンの「うちのごはん 肉おかずの素 香味ねぎだれふっくらチキン」は、鶏肉を袋に入れてレンジで加熱するだけで、フライパンは使わない。

キッコーマン食品の担当者は開発のきっかけを、「家庭での調理が増えており、共働きのため調理にかける時間を短くしたいというニーズに対応した」と話す。

小学生から大学生までの4人の子供がいる麦沢さん一家では、外食する機会が減り、家での調理が増えたという。

まずは一番ふっくらと仕上がるという、鶏もも肉300グラムを4等分に切る。

袋の中には、ごま油の風味が効いたしょう油ダレに、長ネギ、ショウガなどが入った特製ダレが入っている。そして、鶏もも肉を入れた袋を手で揉み、電子レンジに。

耐熱皿がなくてもそのまま加熱でき、600Wで8分加熱する。パウチの中の蒸気で効率よく熱がかかる構造で、鶏肉がふっくらジューシーに仕上がる。加熱後に2分蒸らせば本格的な鶏料理の完成だ。

麦沢さん:
簡単にメインの料理が作れてうれしいです。お弁当のおかずにも味がしっかりして、入れたら喜ばれそう

麦沢さんの娘:
割と濃い味つけで、ご飯と一緒に食べて、夜ご飯のメインになるのかなと思いました

パンチのある甘辛い香味だれで、ご飯が進む。電子レンジでしっかり鶏肉に味が染みこむこだわりのタレで、冷めてもおいしくお弁当にもオススメだ。

キッコーマン食品の担当者は、「電子レンジを使って時短調理をしたいというニーズが高まっているため、レンジで調理をする文化を根付かせていきたい」と話す。

(東海テレビ)