自民党の二階幹事長は22日の記者会見で、東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会が、会場での酒類の販売を認める方向で検討していることについて「禁止を考えておく必要がある」と指摘した。

二階氏は、大会会場での酒類販売の是非について「幹事長が決めるものではない」としながらも、「私個人の考えでは、今の事態を考えると都民に注意を喚起する意味では、酒類の販売禁止ぐらいは考えておく必要がある」と指摘した。