自民党の二階幹事長は、6月15日の記者会見で、野党による内閣不信任決議案の提出について「年中行事」と論評し、「否決は当たり前だ」と述べました。

この中で、二階氏は、内閣不信任案について「年中行事のようにこういう時期が来たらよく出す。特別の思いも何もない」と述べました。

さらに「(野党は)数が足りないから否決は当たり前だ」と強調し、「数が足りないのは国民の支持だ。国民の支持がどの辺にあるかを考えて、お出しになったらいい」と続けた。また、立憲民主党の安住国対委員長が衆院の解散について「受けて立つ」と述べたことについて、二階氏は「そんなことをしょっちゅう言っているから、何ともない」と述べた。

そして、二階氏は、解散について「いつでもやりましょうと首相には常に言っている」と野党をけん制する一方、今の国会での解散は「常識的にはないだろう」との見通しを示しました。