GW明けから本格化…ワクチン接種の開始に備え

東海3県でも一般の高齢者を対象とした新型コロナワクチン接種が、ゴールデンウィーク明けから本格化する。

いつからどこで始まるのかなど、各自治体が情報をチラシやホームページなどで発信しているが、そのほかの便利な情報収集の方法などを紹介する。

厚生労働省の「コロナワクチンナビ」。

このサイトでは、全国の市町村の接種会場を一覧から確認することができる。また津市の場合は、開設時間やウェブ予約のサイトへのリンクなども記載されている。全国の市町村が掲載されているため、遠方に住む高齢者のご家族のサポートなどにも使えそうだ。

この記事の画像(5枚)

東海3県の情報に特化したのが、ニュースOneの特設ウェブサイト。東海テレビのホームページ等からアクセスできる。各自治体が設けるワクチン接種の情報サイトへのリンクのほか、日々の取材を通じて予約開始日や接種の開始時期などをまとめ、随時アップデートしている。

厚生労働省や各自治体が公表する情報を元に、スマートフォンやタブレットのアプリでも、ワクチン接種に関連するサービスが始まっている。

地図アプリ「ヤフーマップ」では、「新型コロナワクチンマップ」というバナーをタップすると接種会場が表示される。

ニュースアプリ「スマートニュース」では、ワクチンというタブを選択すると「ワクチンアラーム」という機能があり、こちらに住所や年齢など入力すると、接種時期の目安が表示される。

スマートニュースによると、登録しておけば国や自治体から公表される情報をもとに、接種の開始時期が通知されるとのこと。

ゴールデンウィーク明けの5月10日の週からは、国から供給されるワクチンの量も増え、いよいよ一般高齢者の接種が本格化する見通しだ。

(東海テレビ)