あの「資さんうどん」も参入…"攻め"の販売キッチンカー「お客さんを待つ時代じゃない」【福岡発】
withコロナ時代の地元ビジネス

あの「資さんうどん」も参入…"攻め"の販売キッチンカー「お客さんを待つ時代じゃない」【福岡発】

テレビ西日本
テレビ西日本
ビジネス

福岡市中央区の薬院。
ビルの解体が終わった跡地に集まっているのはキッチンカー。
焼き芋にチーズをのせたスイーツや、丁寧にドリップしたコーヒーが自慢といった個性的なキッチンカーが日替わりで出店している。

この記事の画像(12枚)

訪れた人:
たまたま通りかかったら、おいしそうなものがあったので、買わせて頂きました

訪れた人:
こういうところだったら、気兼ねなく来れる感じで

あのうどん店もキッチンカーに参入

いま街中の空き地やオフィスビルの前など、ちょっとしたスペースを活用して営業するキッチンカーが増えている。
福岡市によると2020年度、移動営業を行う車は過去最多の456台にのぼった。

そんな中、北九州発祥の「資さんうどん」もキッチンカーで出店。
資さんうどんが福岡県を飛び出し、大分・中津市で初めてキッチンカーによるテスト営業を行った。

資さんうどん・店員:
あつあつのうどん、用意してます。どうぞー

人気ナンバーワンの「肉ごぼ天うどん」。自慢のごぼ天はキッチンカーで揚げたてを提供。
名物の「ぼた餅」も揃っている。

お客さん:
おいしいね。お店で食べる資さんうどんと同じですわ

お客さん:
いま、コロナで行けないので、こういうお店が出来てくれるのは選択肢が広がって、ありがたいなと思います

コロナ禍で飲食店が苦境に立たされる中、キッチンカーの活躍が期待されている。

資さんうどん・佐藤崇史社長:
「資さん食べられてよかった」と笑顔でにっこりとして頂けるので、非常にやってよかった。児童養護施設とか災害支援など、色んな場所で活躍させて頂きたいなと思っていますので

1台200万円でデザインも自分の理想に

そんなキッチンカーはどのようにして造られているのか。
福岡県内の工場を訪ねた。この日、打ち合わせに訪れたのは、福岡市で飲食店を経営する男性。
焼小籠包の事業を拡大するため、沖縄でキッチンカーによる販売を行いたいと話す。

飲食店経営・森友修一郎さん:
なるべくタイヤを見せない状態にして、ちょっと店っぽい雰囲気を作れたらなと思ってます

中古の軽自動車を使ったもので、価格は1台200万円から。
カウンターが前に飛び出す仕様のものや、インパクト抜群のキリン柄など、自由にデザインできるのも魅力。

オオカミ堂・堂森英雄社長:
(相談件数は)コロナ前から考えると5倍以上。(いままでは)来てもらえる、待てる時代だったけど、いまは、もう待てる時代じゃないんですよね

現在製作中の、2トントラックがベースのキッチンカー。ガラス張りの解放感ある作りに仕上げていく。

ーーこれはどちらに?

オオカミ堂・堂森英雄社長:
これは東京のほうに

シンクや給水タンクなどの設備は全て、車の寸法に合わせて作ったオリジナル。

オオカミ堂・堂森英雄社長:
トラックで、寸法が全部違うんですよね。ミリ単位でのものづくりになってくるので(難しい)。でもそれがパシってはまると気持ちいい

内装も外装も全てオーダーメイド。約1カ月で完成する。

オオカミ堂・堂森英雄社長:
車なんで、安全を求めたうえで、かつ衛生を重視したうえでデザインして、ご提案しているっていう形ですね

営業時間の短縮などで苦境に立たされる飲食店。
攻めのスタイルとしてキッチンカーを導入する店は、今後さらに増えるかもしれない。

(テレビ西日本)

福岡県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

通販開始が“第1波”と偶然重なる…「冷凍ぷりんソフト」客激減…

通販開始が“第1波”と偶然重なる…「冷凍ぷりんソフト」客激減…

国内
「宮崎は手羽先もおいしいと広まって」都城市の逸品が日本一の手…

「宮崎は手羽先もおいしいと広まって」都城市の逸品が日本一の手…

話題

"1泊1人2800円”札幌市民限定で半額…コロナ禍のターゲットは「…

国内
「漁具倉庫」や「温泉付き社員寮」…地方の使われない建物が次々…

「漁具倉庫」や「温泉付き社員寮」…地方の使われない建物が次々…

話題
「牛のおっぱいから飲んでるくらい新鮮」

「牛のおっぱいから飲んでるくらい新鮮」"三つ星”ブランド牛乳…

話題
コーヒー飲んで仮眠…話題の休憩法「コーヒーナップ」 専門店で…

コーヒー飲んで仮眠…話題の休憩法「コーヒーナップ」 専門店で…

ビジネス
一覧ページへ
×