大のお好み焼き通と豪語する芸人「ツートライブ」の2人が、広島県呉市をめぐった。
地元の名店で見つけた呉ならではのお好み焼きとは。

呉のメイン通り「れんがどおり」で名店探し

たかのり:
さぁ今回の舞台はですね、海軍さんの町呉市でございます

周平魂:
よいしょー

この記事の画像(13枚)

たかのり:
ここはですね、国内で唯一潜水艦が間近で見える公園ということで

周平魂:
初めて見たよ

たかのり:
俺も初めて見たわ。すごいですね、間近で見ると迫力ありますね

今回の舞台は、広島県の南西部に位置する呉市。
その昔、東洋一の軍港として栄えた面影が今なお大切に残されるこの町で、お好み焼きの名店を探していく。

たかのり:
さぁここはですね、呉のメイン通り「れんがどおり」

周平魂:
レンガが敷き詰められて

たかのり:
そうそうそう。商店街なんですよ

たかのり:
「呉焼き」って書いてる

周平魂:
広島てっぱんグランプリ出場、呉焼き

たかのり:
ちょっと俺見た事ないわ、呉焼きって

多い幸せで「多幸膳」細うどんが入った呉焼きとは

呉市の中心部・れんがどおりで見つけた、お好み焼き店「多幸膳」。
地元ならではの味に出会えそうな、いい雰囲気。

ツートライブ:
おじゃまします。はじめましてツートライブと申します

橘信弘さん:
橘と言います。よろしくお願いします

周平魂:
橘のタッちゃんということで、ありがとうございます

たかのり:
多幸膳さん。どういうところからきてる?

橘信弘さん:
ここが1番最初、22年前ぐらいですかね。たこ焼き専門店で始めたんですよ。何かいい語呂合わせがないかなというので

ツートライブ:
多い幸せで、多幸膳

周平魂:
呉でなんでたこ焼きを最初にやろうとした?

橘信弘さん:
自分が好きだから。大阪に行って、色んなところのたこ焼きを食べたんですよ。あっ、これなら勝てるんじゃないかと

周平魂:
ちょっとこれは大阪への…。で、途中からお好み焼き?

橘信弘さん:
すぐお好みを始めて

たかのり:
同時くらいに?

橘信弘さん:
そうです、そうです

たかのり:
気になった看板があったんですけど、呉焼きって書いてたんですよ。どう違うんです?

周平魂:
例えば、たこ焼きってタコが入ってるじゃないですか? 呉焼きっていうのは呉が入ってる?

橘信弘さん:
そうです。呉が入ってる

多幸膳名物の「呉焼き」。
早速作ってもらった。

周平魂:
けっこう鉄板は熱々までいってるんですね

橘信弘さん:
そうですね

周平魂:
そこに、鰹節でキャベツ…、キャベツを別で炒めるんか

橘信弘さん:
生地をひいたとなりで、焼きうどんを作るんですよ

これぞほかにはない、呉焼きならではの特徴。

生地にのせるのではなく、別で野菜・豚肉を炒めて、焼きうどんを作っていく。
もちろん、ここで使われるのは呉名物の“細うどん”。

ツートライブ:
これは何か由来が?

橘信弘さん:
昔、戦艦大和が呉でつくられたのをご存じですよね? 戦艦大和をつくる時に、昼ご飯がうどんとおにぎりだった。早く出さないと回転が悪いから、細くしたら早くゆでられる

たかのり:
なるほど! ゆがくのに時間がかからないために

橘信弘さん:
細いほど早くゆでられるから、うどんがどんどん細くなった

たかのり:
うわぁ、すごい話だ

完成した焼きうどんを生地にのせ、これを豪快にひっくり返す。

周平魂:
あとはじっくり焼いていく?

橘信弘さん:
そうですね。上から…

周平魂:
なんかやっぱり海軍の町だけあって、男らしいですね

たかのり:
なんか豪快やね

昔から呉で食べられていた定番のお好み焼きを再現した、多幸膳の「呉焼き」。
どこか武骨なこの感じが、たまらなく食欲をそそる。

最後に自家製のピリ辛みそを加えたら、これまた呉焼きのポイント!
半月型に整えて、海軍さんの町呉名物「呉焼き」の完成。

橘信弘さん:
はい、呉焼きです

たかのり:
わぁ~きました! これが呉焼きか

周平魂:
半分にするには、何か意味がありそうですね

橘信弘さん:
戦後すぐのころは、持って帰って食べてたみたいですね。それで半分の方が持って帰りやすい

ツートライブ:
入りやすいですもんね

周平魂:
おいしい! 焼きうどんの味がしっかりしてて、奥から辛みそがツーンとつなぎながら、うどんが導かれるように喉の方に行って、生地とかと一緒に胃にストーン

たかのり:
すごいコメントやで

周平魂:
焼きうどんを作って、上から置いたやんか。全く別物として存在するかなと思ったら、完全に全部がともえてる

たかのり:
ともえてる?

周平魂:
三つ巴。卵とか別に焼いたものが、全部一気にともえてる

たかのり:
めちゃくちゃうまいですね。この細うどんが食感もいいし

橘信弘さん:
そうですね。細いのに結構主張する

たかのり:
細さがめっちゃちょうどいいんかもしれんな

周平魂:
この焼きうどんがやっぱいいね

呉ならではのご当地焼き。
これを求めてお店を訪れるのは、観光客だけではない。

橘信弘さん:
うちは海上自衛隊の若い人がよく来られるんです

周平魂:
海上自衛隊の人ってめっちゃ食べるんですか?

橘信弘さん:
食べますね。4玉とか5玉とか

たかのり:
4玉5玉?

周平魂:
海上自衛隊、結構若い方が?

橘信弘さん:
若い方が多いですね

「人が喜んでたらうれしい。だからおいしいものを提供したい」

周平魂:
22年でしたっけ創業が。で、タッさんが今

橘信弘さん:
62歳です

周平魂:
40歳までは何をされてたんですか?

橘信弘さん:
ビデオのレンタルを10年間やりました。映画が好きで、借りに行くのが面倒くさいからよし、自分でやってしまえと

たかのり:
たこ焼きも最初始めたのは、俺好き過ぎるからいけるんちゃう? ってなって大阪に行って…。すごい人生やねんな

周平魂:
内なる闘志が…。タッさん自体がちょっともう映画みたいな人生

橘信弘さん:
そんなことはない。お好み焼きを作ったり、たこ焼きを焼いたりは、あまり好きじゃないんですよ。人が喜んでたらうれしい。だからおいしいものを提供したいっていう気持ちがあります。ビデオもこの人にはこういう映画がいいなって紹介してあげて、「あぁ良かったわ~」って言われたら良かったなと

周平魂:
もうタツ師匠やわ。人間として尊敬してきた。作るのが嫌いってあえて言ってるところが、タツ師匠の味よ。その味がもう入っとんねん、ココに

橘信弘さん:
だけど作るのは嫌いなんです

たかのり:
なんでやねん

橘信弘さん:
作るのは…

【関連記事】
ツートライブの広島魂(1) 親子の愛情100% アサリ入り絶品お好み焼き【広島・尾道発】
ツートライブの広島魂(2) 砂ずりと揚げイカで歯ごたえある「尾道焼き」【広島・尾道発】

(テレビ新広島)