愛媛県宇和島市と橋でつながっている周囲12kmの小さな島・九島で、新たな名物が誕生した。それが、島のレモンを使ったオリジナルビールだ。

このビール誕生の裏には、島を盛り上げたいというある夫婦の思いがあった。

この記事の画像(17枚)

夫婦が営む島で唯一の飲食店 九島オリジナルビールを製作へ!

水野裕之さん:
きょうはですね、クラフトビールを松山で作ってもらうためのレモンを九島で収穫するために。レモンでビールなんです

収穫されたレモン

2021年1月、宇和島市沖の九島で行われていたのはレモン狩り。

レモン狩りの様子

実は、今回のビール造りに欠かせない工程だ。

この日、収穫にやってきたうちのひとり・水野裕之さん。

夫婦で飲食店を営む水野さん

水野裕之さん:
こいつらもビールになるとは思ってないでしょうね

水野さんは千葉県の出身で、3年前に家族で九島に移住し、2020年1月から、島でただひとつの飲食店「nicco」を営んでいる。

2020年1月から営業 島で唯一の飲食店「nicco」

妻 千尋さん:
築60年くらいの建物を自分たちで壁とか塗って、おばあちゃんちに来たような感じでゆっくりくつろいでもらいたいなという思いと、非日常な要素も取り入れながら

10年ほど空き家だった古民家を千尋さんがコーディネート。
キッチンで腕をふるうのは裕之さん。

地元で捕れたタイをあわせたマッシュポテトに、アコヤ貝と九島で育った肉厚な原木シイタケのハーブバター蒸し。
宇和海産のブリは、自家製の薫製にし、酸味のあるオイルでカルパッチョ風に仕上げた。

左上「宇和海産スモークブリのオイル漬け」 右上「アコヤ貝×原木シイタケ ハーブバター蒸し」 手前「宇和海産タイのブランダード」

「nicco」でいただけるのは、地元の旬の食材を活かした創作料理。

水野裕之さん:
もともと奥さんのおばあちゃんちが九島にあって、オープンで人懐っこい性格の島民の方々、そんな人柄が魅力的だなと感じて、移住して店をオープンしました

妻 千尋さん:
ここがあることがきっかけで、島外の方が九島に初めて訪れてくれたり、何十年ぶりに九島出身の方が帰ってくるきっかけになっていることはうれしい

喜びを語る妻・千尋さん

オープンから1周年を迎えた2021年、水野さん夫婦は、九島ならではのオリジナルビールを作ることにした。

妻 千尋さん:
島の人たちはビールとかお酒が好きな人が多いので、普段からお世話になってる方に恩返しじゃないですけど、おいしいビールでたくさん盛り上がってほしい

水野裕之さん:
飲んだビールのラベルを見て、ひとりでも九島に来てくれる人がいたらすごいうれしいなって思います

妻 千尋さん:
めちゃくちゃ楽しみです。早く飲みたいなって思う

“皮にポイント”世界で活躍する醸造家が魅せる技術

醸造家・山之内圭太さんは、2016年から東京を拠点にプロとしてビールを造り始め、世界大会で何度も金賞を獲得するほどの腕前。

醸造家 山之内圭太さん:
九島のレモンの皮です。実よりも皮に香りの成分が多い油があるので、その香りを効率よくつけるために皮だけ使います

2019年から、ふるさとの松山にあるセレクトショップ「DD4D」に醸造所を設けて、ビールを造っている。

松山市千舟町のセレクトショップ「DD4D」

山之内圭太さん:
ちょっとクリーミーな口当たりで、ホップのトロピカルな香りがある。そのベースにレモンのさわやかな香りを乗っけるんですけど、すごくおいしくできると思います

袋に詰めた九島産のレモンの皮をタンクの中に吊るして、ビールに香りをつける。

醸造の様子

完成は1週間後、どんな味わいに仕上がるのか。

ビールが完成! レモン香るまろやかな口当たりに

3月、完成したビールを味わいに水野さん一家がやってきた。

山之内圭太さん:
口に入れたらふわっとする食感。レモンの香りがふわっとストレートにくるような

水野裕之さん:
のど越しとかよりも、香りに重点を置いて?

今回造ったのは、世界的に流行している「HazyIPA」というスタイルのビール。

世界的流行のビール「HazyIPA」

「ヘイジー = 濁った見た目」と、アルコール度数は8度と高めながら、クリーミーでまろやかな口当たりが特徴。

妻 千尋さん:
ほんとに、あんまり炭酸がなくて、まろやかというか柔らかいですね

水野裕之さん:
いわゆる酸っぱいレモンっていうわけじゃなくて、複雑みのある香りですよね

妻 千尋さん:
(九島は)新しいものに触れることは好きな人が多いので「ビールになるのか! レモンが!」って、そういうふうに思ってもらえたらうれしいですね

水野裕之さん:
九島って僕自身がまず知らなかったところからスタートしているので、そういった人にひとりでも届いて、ググってもらって、こんなところがあるのかって知ってもらうだけでもかなり大きな一歩。

水野裕之さん:
すみません、僕レモンも作ってないし、ビールも作ってないんですけど(笑)

九島産レモンのオリジナルビールは、水野さんのカフェ「nicco」で7日から味わえるほか、東京や大阪を中心に愛媛県外にも出荷され、九島の味が全国に届けられる。

(テレビ愛媛)